WordPressのバックアップをローカルに保存する方法

スポンサーリンク

どーもオーカワです。
最近某ウイルスの影響でほとんど家にいるので、もっぱら家の作業環境のアップデートを行っております。
もう少しで理想の形になるので、そのうち記事にしようかなと思います。

今回は前に紹介したWordPressのバックアップスクリプトのローカルに保存する版を作ったので、紹介したいと思います!!

【プラグインなし】当サイトのWordPressのバックアップスクリプトを公開
ども大川です。 最近、とあるブログをバックアップから復元することがありました。 備えあれば憂いなしということで、僕の作ったバックアップスクリプトを公開したいと思います。 ちなみに環境はこちら スクリプト bas...

スクリプト

 

#!/bin/bash

set -eux

# 本日
datestr=`date +%Y%m%d-%H%M%S`

# バックアップ先
DB_BACKDIR="${HOME}/backup/db"
FILES_BACKDIR="${HOME}/backup/files"

# 念のためフォルダ作成
mkdir -p ${DB_BACKDIR}
mkdir -p ${FILES_BACKDIR}

# Remove
# fileは容量が多いため、1祖先しか残さない
find ${FILES_BACKDIR} -type f -mtime +1 | xargs rm -f
find ${DB_BACKDIR} -type f -mtime +3 | xargs rm -f

# Backup
# ファイルバックアップ
tar -czf ${FILES_BACKDIR}/file_${datestr}.tar.gz -C /var/www/html/wordpress .
# データベースバックアップ
mysqldump -u root -h localhost --password=ここにパスワード ここにデータベース名 > ${DB_BACKDIR}/db_${datestr}.sql

 

以前はクラウドストレージに保存していたので、削除処理がなかったのですが、
今回はローカルということで削除処理が入っています。

この削除処理にバグがあると、サーバーの要領がすぐになくなるので、ご注意ください(実体験あり)

終わりに

バックアップはできたら終わりではなく、
しっかりとリストアできることを確認するようにしてくださいね。
(ここも実体験あり)

The following two tabs change content below.

オーカワ

GCPばっか触ってるにゃーんエンジニア。 こちらのブログも書いてた。

←Twitterやってるよ。フォロバ率97%

コメント