【プラグインなし】当サイトのWordPressのバックアップスクリプトを公開

スポンサーリンク

ども大川です。

最近、とあるブログをバックアップから復元することがありました。

備えあれば憂いなしということで、僕の作ったバックアップスクリプトを公開したいと思います。

ちなみに環境はこちら

新しくWordPressサーバを立てた時の知見とかメモとか
こんにちは。オーカワです。 さて、今回はブログ用に新しくサーバたてたので、その紹介を ↓たてることになった理由 借りたサーバ さくらvps 1GBプラン 構成...

スクリプト

bashで書いてます。

#!/bin/bash

set -eu

# Backup directory
WORDPRESS_BACKUP_DIR="/srv/docker/wordpress"
GCS_BUCKET_NAME="hoge"

# Today
NOW=`date +%Y%m%d%H%M%S`

# Backup destination
BACKUP_DESTINATION='/tmp/backup'
LOG_DIR="/tmp/log/"
mkdir -p ${BACKUP_DESTINATION}
mkdir -p ${LOG_DIR}

# Backup
tar -czf ${BACKUP_DESTINATION}/wordpress${NOW}.tar.gz -C ${MHXXBLOG_BACKUP_DIR} . || [[ $? == 1 ]]

# Send GCS
find ${BACKUP_DESTINATION} -name *.tar.gz |
xargs -i gsutil cp {} gs://${GCS_BUCKET_NAME}

# Remove Backup Directory
rm -rf ${BACKUP_DESTINATION}

特徴はGCS(AWSのS3とかでもいいですが)にアップロードしていることです。
バックアップは保存が大変だったりするのですが、そういうものを全てクラウドに任せることによって解決しています。

GCSではライフサイクルが豊富なので、ブログのデータを3日分保存しているようにしています。

終わりに

WordPressといえば、プラグインによるバックアップが多いですが、
プラグインでの大規模バックアップなどはお金がかかる場合がおおいですので、
古典的な方法も知っとくといいのでは。

The following two tabs change content below.

オーカワ

GCPばっか触ってるにゃーんエンジニア。 こちらのブログも書いてた。

←Twitterやってるよ。フォロバ率97%

コメント