スポンサーリンク

M-1グランプリ2019が面白かったのでおすすめしたい

スポンサーリンク

新年明けましておめでとうございます。Twitterサボりがちなオサダです。

 

昨年の12月22日に放送された、『M-1グランプリ2019』の決勝戦があまりにもレベルが高く面白かったので、

今回はそれの振り返り記事という事で、軽く解説と印象を交えながら話したいと思います!

 

果たして!僕の感想は皆さんの共感を得ることが出来るのか!!

 

[Toc]

 

そもそも昨年のM-1は……

決勝初参戦が7組という、なかなか異例な大会となりました。

そのため、「今年は面白くならないのでは。」「盛り上がらなそうだ。」と、始まる前の評価は例年に比べかなり低かった印象。

それを覆す程の面白さと、初の決勝とは思えない程の落ち着きが、全ての組にありましたね。

 

では、出演順に解説をしていきましょうかね。

 

ニューヨーク

最初の出番を言い渡されたのはニューヨーク。歌ネタでの挑戦でした。

ボケが歌い、合いの手のようにツッコミを入れていくスタイル。ツッコミにトゲがあって面白いコンビだなと思いました。

ネタは普通に面白かったのですが、個人的にはその後の審査員との絡みにあまりいい印象を感じませんでしたね……。

最終順位は10位でしたが、トップバッターからこのレベルのネタが出るのかと、ワクワク度を増幅させてもらいました。

 

かまいたち

キングオブコント2017の優勝から、完全にファンになったコンビです。コントと漫才両刀のかまいたち

「思ったより出順が早かったな……。」と思いつつ見てましたが、出てきたネタは『UFJ』。かまいたちの漫才の中で一番好きなネタです。

ボケの話が通じない感じとツッコミの安定した優しい言葉選びが対極過ぎて、見ていてハラハラします。

街中で見かけたら「こいつら殴り合いの喧嘩始まるんじゃないか。」と思うくらいのやり取り。

磐石の面白さで高得点を叩き出しました。1位通過かな……と思いきや、最終順位は2位となりました。果たして誰に抜かれたのか。

 

和牛(敗者復活枠)

かまいたちの高得点の次はイヤだろうな。どの組が来るかな?と思っていたら、なんと敗者復活枠。

不動の人気と面白さを誇る和牛が視聴者投票により選ばれました。

今年の敗者復活の発表は、『敗者復活枠の出番が決まった直後』でした。例年は番組冒頭なのですが。

しかも発表があるまでは屋外待機。その為かネタの序盤、ボケの口が少し回ってませんでしたね。暖まる暇無いよなぁあれ……。

それでも相変わらず、話が噛み合わずツッコミに同情したくなるようなコント漫才を見せつけ、かまいたちに続き高得点。

……しかし、最終順位は4位。ファイナルステージの3組には残ることが出来ませんでした。これまた予想外だった……。

 

すゑひろがりず

鼓と扇子を持ち、能のようなテンションで漫才を進めていくコンビ、すゑひろがりず

その見た目には明らかにそぐわない『合コン』をテーマに漫才を進めて行きましたね。その兼ね合いもまた好きでした。

少しショートコント感がありましたが、しっかりと漫才として成立していて、最後の畳み掛けの時には腹を抱えて笑いました。

最終順位は8位。正直もっと高くていいけど、今回のM-1のレベルの高さが伺える順位ですね。

 

からし蓮根

独特の九州訛りでツッコミをこなす漫才師。ツッコミの雰囲気が変わらないためコント感がそこまで強くないのがいいですね。

正直途中までは、「会場の雰囲気掴みきれてないなぁ……。大ウケはしないで終わりそうだな。」と思っていたのですが、最後のくだりで思いっきり爆発しましたね。予想外すぎてめちゃめちゃ笑いました。

最終順位は6位。どのコンビも大ウケするタイミングは作ってきてるんだな、すげーなと思った瞬間でしたね。

 

見取り図

決勝出場経験のあるコンビ。ツッコミの見た目と声とガタイのギャップが印象に強い見取り図です。

コント形式にしないしゃべり漫才で、下らない言い合いの節々で絶妙なワードセンスを持ってくる、テンポのいい漫才でしたね。2本目も見たかったなぁ。

噛んだ時のアドリブもめちゃめちゃ笑いました。爆竹て。お昼に爆竹て。

最終順位は5位でした。今回はファイナルステージに行って欲しいコンビがたくさんだったなぁ。

 

ミルクボーイ

さぁ、M-1を見た人も見てない人もこの年末年始、見たり聞いたりすることが多かったのではないでしょうか?

今大会のM-1覇者、ミルクボーイですね!

何がすごいってこのコンビ、2019年中にテレビで漫才をしたのがM-1で最初だったみたいで。にも関わらず、驚くほど安定した漫才でした!!

1つのテーマをゴリゴリ深めていくタイプのしゃべり漫才で、やり取り自体はシンプルなのに面白いって言うあの感じ。

見れてよかったなぁ。歴代最高得点をマークして、1位でファイナルステージの切符を手に入れました。

 

オズワルド

ドカンとウケたミルクボーイの後なのに、自分たちのペースを崩さずに綺麗な漫才をしたオズワルド

出てきた時は「あれの後にこのテンションのネタやるのか……。やばそうだな大丈夫か?」って思ったんですが、心配する必要は無かったですね。

落ち着いた声のツッコミがたまりませんでしたね。最終順位は7位でしたが、個人的には一番見れてよかったコンビ。

 

インディアンス

騒がしいボケが特徴のこのコンビ。アンタッチャブルへの憧れが感じられる、気がする。

実際ボケの動きと会話のセンスがすごくて、普通の面白かった……のですが!

M-1後の番組で「序盤ネタが思いっきり飛んでいた。」と言っていました。

あとから見ると、確かに、明らかにボケていない、ただゴチャゴチャ言ってるだけのターンがありましたね。

ネタぶっ飛ばしても面白かったですから、しっかり披露できてたらどうなっていたでしょうかね。

と言うことで最終順位は9位でしたね。ミスが無かったらどれほど面白かったんだろうなぁ。

 

ぺこぱ

最終組はぺこぱ。ミルクボーイと共にこっちも少し話題になってますね。

『ツッコまないツッコミ』とでも言いますか、とりあえず新しい感じでしたね。日常でふとした時に使える真似しやすさもありますし。

最初出てきた時は「イロモノ出てきたなぁ。滑りそうだなぁ。」とか思ったのになぁ。あんなに面白いとは思ってなかった

最後の最後で和牛を差したのはこの組です。すなわち3位。まさか和牛が最後に落ちるとは、視聴者も本人も思ってなかっただろうなぁ。

 

まとめ

と言うことで長くなりましたが、10組の紹介を終わりたいと思います。いやはや本当に面白かったです。

え?ファイナルステージの解説はしないのかって?そりゃクライマックスですからね。皆さんの目で見てくださいな。

 

それでは、本日は以上ですね。お笑いサイコー。

 

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント