セブンイレブンの『とみ田監修 冷やしつけ麺』を食べてみた

スポンサーリンク

どうも。基本的にラーメンに目がないオサダです。最近は二郎系が大好き。

 

ある日、セブンイレブンで買い物をしていると、気になる商品が……。

『とみ田監修 冷やしつけ麺』です!夏季限定商品としてリニューアルされ、今年も発売されたコラボ商品。

セブンイレブンと とみ田のコラボ商品は数多く存在し、特に『豚ラーメン』は一時期大きな話題になりましたね。

気になったので冷やしつけ麺、食べてみることにしましたよ。

 

 

はじめに

コラボ先の『中華蕎麦とみ田』は、千葉県松戸市発祥のラーメン屋。千葉県民だけでなく全国にもその名が知れ渡っている名店です。

特につけ麺が高く評価されていて、濃厚な豚骨魚介スープともっちりした太麺、そして「とみ田のつけ麺と言えば!」の柚子。アクセントとして完璧にハマってるんです。

 

実は何年も前からコラボとして発売されていたのですが、食べるのは今回が初。

と言うのも、僕はつけ麺よりラーメン派。その為、なかなか手を出さずにいました。

しかしネット上に溢れる高評価の嵐に押され、今回食べてみる事にした訳ですね。欲には勝てなかったぜ。

 

感想

では早速感想を。買いたいと思っている人の参考になればと思います。

あ、言っておきますが僕は基本的に味音痴です。(しっかりめの予防線)

 

開けてみるとこんな感じ。オラ、ワクワクすっぞ。

 

良かった点

正直たくさんありすぎて書ける気がしないですね。そのくらいの満足度がありました。

 

まずはスープ。

 

 

とみ田のスープと言えばの濃厚な魚介・魚粉感で、その点は店の味と遜色ないと感じました。

店の味と違うと感じたのはクリーミーな味わい。牛乳が入ってる訳じゃないようですが、牛乳をベースにしたスープか?と勘違いするレベルでした。たしかお店のはここまでクリーミーじゃなかった気がするんですよね。

スープには欠かせない油も、冷えているからと言ってクドい訳ではなく、ちょうどいい塩梅。かなり完成されたスープだと思いましたね。

全体的にとろみのあるスープに仕上がっているので、麺との絡み方は抜群でした。

 

続いて麺。

 

 

とみ田らしいごわついた太麺(褒め言葉です)。硬さもちょうどいい上に、いい感じの小麦感。

よく絡むスープなので細い麺だと負けすぎてしまいますが、太麺×濃厚スープは両方が主役になるのでいいですよね。

量としては1.5玉は無いかなと感じましたね。それでも満足感はかなりのものだったので、1.3玉くらいの感覚

 

具材はチャーシュー・メンマ・煮卵・ネギ・柚子です。とみ田のつけ麺と言えばやっぱり柚子のさっぱり感ですよね。これこそとみ田。

濃い味の食べ物に柑橘系は合うんだよなぁ。唐揚げレモン然り、焼き魚すだち然り……。そりゃ合うよ。

他の具材に関してもかなりいいクオリティだと思いました。メンマもチャーシューも煮卵も、この冷やしつけ麺によく馴染んでいますし、無くてはならない感じがしますね。

え?ネギ?ごめんなさい俺苦手なんで入れてないです。ネギが好きな人は「こんなに入ってる!」と思える量が入っていました。

僕みたいに苦手な人は「こんなに入ってる……。」ってなると思います。同じ言葉なのに印象が違いますね。日本語ってすごい。

 

総合すると(僕は)めっちゃ好き」でした!!この記事書いてたらまた食べたくなってきたわ。

 

微妙だと思った点

さすがにこれだけだとセブンイレブンからマージン貰ってんのか?って思われそうだったので、うーんと思った点ですね。

 

まずは煮卵の味があんまりしない事ですかね。

黄身のとろけ具合とかは最高だったのですが、卵自体の味はそれほど感じませんでしたね。

まぁスープが濃厚なので、全く問題にならないレベルですが……。僕は煮卵は単体で食べても美味しいレベルの濃い味が好きなので……。一応ね。

 

次に、麺をほぐすのが結構大変ということ。

ほぐし水という小袋が入っていて、それを麺エリアにかけてほぐしてから頂くのですが、結構時間がかかりました。2分くらいは平気に。

冷たいので麺同士がくっついてしまっているのは仕方ないですが、力技でほぐしてしまうと麺が千切れてしまいそうな感じがちょっと大変だなと思いましたね。

こんなこと言ってますが、慎重になりすぎただけな気がします。たぶん30秒でほぐしてる人もいます。千切れそうで僕にはできん……。

 

僕は固まった麺を容器の壁にぶつけながら、麺を執拗にひっくり返してました。端から徐々にほぐれていく悪くないやり方でした。

でも自宅だから出来たことかもなぁ。外でもできるかな俺……。器を回してる姿は結構滑稽ケッコウコッケイ。

正直、うーんっとなったのはこんなもん。無理やりひねり出した感じですね。そのくらい高クオリティな訳です。

 

ちょっとだけアレンジ

これはアレンジではありませんが、オススメしたくて書くことにしました。

 

つけ麺や油そばによくある『スープ割り』をご存知でしょうか?

どちらもスープの量を少なくしているため、そのまま飲むとかなりの味の濃さになってしまいます。

その為、茹で汁やお湯などを入れて『つけ麺のスープ』『飲めるスープ』にできる店が多いと思います。

ざる蕎麦のつゆに『蕎麦湯』を入れる感じ。あれも美味しいよね。

それを、このとみ田の冷やしつけ麺でも出来たのでやって欲しいと思いました!

 

まずは100℃の熱湯を用意。残ったスープより若干少ないくらいのお湯を入れます。

感覚としてはスープ1に対してお湯は0.8くらい。微調整はお好みで。

濃厚な魚粉系スープが、最後まで飲み干せるちょうどいい濃さになりますよ!

ぜひ買った際は試してみてください。どうせつけ麺はスープ残るし……。

 

まとめ

(たぶん)初めての食品レビューでしたが、いかがでしたか。

僕の総合評価は85点。正直コンビニレベルじゃないですよ。クオリティが高いです。

つけ麺好き・とみ田好きなら、一度は食べて見てほしい商品ですね。

 

また、何か気になるものがあったらレビューしたいと思います。思ったより面白いねこれ。

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント