2018/04/01 ブログのテーマをcocoonに変更しました。
スポンサーリンク

今年も受けます『宅地建物取引士』2018

スポンサーリンク

皆さんこんにちは!昨年のこの時期、僕は必死に勉強をしていました。図書館で。

その頃からコンパスをご覧になって下さってる方は、僕がTwitterで

「あー、図書館いいわぁ。」

「こんなに集中出来るんだね。図書館。」

「図書館最高!!」

とか呟いていたこと。覚えている方もいるのではないでしょうか。

 

僕が挑んでいた強敵。それは『宅地建物取引士』の資格試験でした。

試験直前になってしまいましたが、どんな試験か・どんな勉強方法がオススメか。紹介していきたいと思います!

 

昨年の状況・結果

こちらが試験直後の記事ですね。僕がどれほど無謀だったか、是非ご覧ください。

【反省】2017年 宅地建物取引士試験【来年受ける方へ】
どうも。2日に1回更新になってから初めての突発記事です。今日は、昨日行われました宅地建物取引士試験についてのお話です。直前・直後の僕の様子結果……終わった直後は「あれ?割と行けたんじゃね?」なんて...

結果は案の定惨敗……。僕の得点が28点に対して、昨年の合格点は35/50。全然届いてないじゃないか……。

年に1回の試験。僕はリベンジを誓いました。

 

そもそも宅建士試験は

どういった試験なのか。これを解説していきましょう。

 

問題数は50問(国土交通省の指定する講習を受けている方は5問免除)。受験者全体のおよそ15%が合格する形式で、合格点は例年、34±3点くらいですね。

試験時間は2時間(5問免除者は1時間50分)。全てが4択問題になります。集中力との戦いにもなりそうですね。

 

出題範囲は大きく分類すると4つに分かれます!

・民法(権利関係)

・法令上の制限等

・宅建業法

・その他

一つ一つ説明していきましょう。

 

まずは民法。問1~問14で出てきます。

これが本当に厄介で、応用!応用!!って感じなんです。

普通の参考書には書いてないことが平気で出てきます。「民法の条文に規定されているのはどれか。」とか。いや、知らんよそんなの。

とは言え大体は、参考書での内容を変化させて出題されるような形なので、全く太刀打ち出来ない訳では無いですね。

しかしながら、民法に触れたことがない人にとっては鬼門です。何度も参考書を読み尽くしましょう。

 

次に法令上の制限等ですね。問15~問22の8問。

都市計画法・建築基準法を中心に、農地法や宅地造成等規制法といった法律、さらには道路法や河川法と言った細かい法律から出題されます。

こちらは暗記項目が多い印象ですね。『この法律はどういった時に適用されるか』『この状況ではどの立場の人に許可を得るのか』と言うような部分ですね。

僕は暗記が苦手なので、かなりしんどい思いをしてます。「これ!分かりそうなのに!分かんない!!」とかよくなりますね。

 

次に宅建業法。少し飛びますが問26~問45の20問で、最も出題数が多くなります

こちらも暗記のような印象ですが、『宅建業者はこのケースの時、何をしなければいけないのか』と言った場合分けがしやすいので、比較的頭に入って来やすいですね。

何よりも20問。ここは全問正解する勢いでいるべきなんだそうです。この記事を書いている現在は、たまにミスがあるので気をつけなければ……。

 

最後にその他に分類される項目です。問23,24で税法。問25で土地鑑定関連。問46で住宅金融支援機構。問47で不動産広告。問48で統計問題。問49で土地、問50で建築について問われます。

計8問。46~50は免除対象です。

そろそろ『問』ゲシュタルト崩壊してきた頃なのではないでしょうか。

この辺りは効率が悪く感じられますが、試験形式さえ変わらなければ、確実に出題されるので、詰め込んで得点にできるようにすべきだと思います。

 

めっちゃ長くなってしまいました……。次行きますよ……。

 

今回の勉強法

昨年は『参考書』と『1年分の過去問』、そして『スマホの一問一答アプリ』で戦いました。

しかし今年は違います!追加されたコンテンツは

『10年分の過去問』

『一問一答集』です!!どちらも書籍。

 

追加した書籍を使ってみた結果、やはり過去問は必須だと感じました。

どんな問題が出るのかが分かり、読み進め方の練習にもなりますし、何より『自分のできない分野』が浮き彫りになります!!

また、一問一答もかなり強力です。

分野ごとに別れているので、微妙な状況・ケースの違いを比較して覚えられますし、どんどん頭に入って行くのを感じます。

 

参考書→過去問→一問一答 というサイクル。確立したらとても身になりますね。もっと早く気付くべきだった。

 

まとめ

さて、8日後に迫った宅地建物取引士試験。

緊張もしますが、頑張って来ますよー。やんわり応援していてくださいな。

 

では、来年受ける方の助けになればと思って書かせて頂きました。その中に未来のオサダが含まれていないことを祈ります。

 

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント