除毛クリーム『ソランシア』を使ってみた

スポンサーリンク

今回はレビュー記事。ムダ毛に悩む方はぜひ読んでいってくださいな!

 

中学生の頃から急に毛が濃くなり、腕毛はそれほどでもないものの、脚の毛が非常にたくましいタイプのオサダです。

体毛が濃くない雰囲気なのに、半ズボンを履くと一気に男臭くなるあの感じ。あれが嫌いで基本的に長ズボン。

でもね、この夏場、暑すぎるのですよ。汗っかきも持ち合わせているので、もー大変。いい加減半ズボンを恥ずかしくなく履きたい!!

オサダと同じ悩みを持つ方!可能性の一つとして見ていくといいよ!!

 

 

入念な下調べ

除毛クリームを購入する際に怖いことは「全然効果が無いこと」

お金は無限に湧き出る訳では無いですし、カミソリに比べたら除毛クリームはお高いものです。

そして肌への負担も大きい。そう考えると効果のあるものを一発で購入したい!

ネットで調べたり、使用してる友人から話を聞いた結果、選ばれたのは『ソランシア』という商品でした!

とあるサイトのランキングでは最下位と言う評価を受けていたものの、低評価の烙印を押された要因は肌への影響から。

除毛力は確かなものであると、友人・ネットの評価から確信しました。

俺は剛毛なんだ!除毛力こそ全て!!

 

入手!

決断してから数日後。Amaz○nさんから届きましたよ。

パッと見は大容量。しかし1回に対する使用量が分からないため若干の不安も。

ええい!迷っていても仕方が無い!使ってやる!!

 

使用感

それではこの記事において最も重要な使用感について!刮目せよ!

使用部位は脚全体。美脚を手に入れるぜ!使用前の足はこんな感じです。

ちなみにこれでもバリカンで長さを短く整えてるんだぜ!!整える前の毛並みは見せられないよ!!恥ずかしいからね!!

この画像ですでに恥ずかしいけどね!!!

塗布中

まずは匂い。指摘していたサイトはありましたが特に嫌な匂いでもない。

柑橘系と言うか、強めのグレープフルーツみたいな。日焼け止めみたいな匂いがしました。

ただ使用してみると毛を溶かしてる匂いか、若干の悪臭が。それほどでは無いとは言え換気しながらやった方が良さそう。

 

クリームの質感は、えーっと、クリームって感じです。はい。特に泡立つ訳でもない、言わばマヨネーズみたいな感じ(例えが下手くそ)

塗ってみると、思いのほかたくさん使うことに気づく。毛を覆うほどつけなきゃいけないので結構な厚みが必要なわけです。もっと短くしてからやれば良かったと後悔。

でも塗ってみると、1/3くらいは残りましたね。残ったのは純情かな。

放置時間

長めに放置しましたが、すっごい暇です。音楽くらい流しとけばよかったと盛大に後悔。

たまにチラッと脚の様子を見ると、あぁ、今思い出しても鳥肌が経ちますが……。

毛が……、毛たちが……、すっごいゲジゲジしてるんです。クシャクシャに折れ曲がってるんです。

さすがにこの様子の写真は載せられないですね。めっちゃ見た目がキツいんで。

でもそれを見ると、「あぁ……、効いてそうだな良かった……。」と思えるわけですね。

俺の自慢の直毛たちが、あんなふうになるなんてな……。

除毛クリームを使ってみたい人達が気になっているであろう痛み・ヒリヒリ感については、

正直ほとんど感じなかったです。汗疹みたいになっている膝裏辺りがピリピリしたくらいかな?傷とかがある場合は注意ですね。(と言うか注意書きで使用はやめてください、と書いてあるのでやめましょう。やるなら自己責任でね!!)

ただし、これは比較的肌が強い僕だったからかもしれません。肌が弱い人は要検討かもしれませんね。参考として、僕は全然感じませんでした。

拭き取り

さぁ拭き取りだ!と思いましたが、地味にこの作業が一番大変です。

と言うのも1回拭き取ると、その面はすぐにクリームまみれとなり、その後の拭き取り能力を失うからです。

トイレットペーパーで拭き取っていたものの、2/3ロール使った辺りで「さすがにもったいない」と気づき、使い古したタオルで拭いては洗い、拭いては洗い……としていました……、が!!

これもオススメしません。排水溝が詰まります。ネットを予め付けておいてまとめて捨てる手もあるかもしれませんが、もはや紙の消費は仕方ない物と切り捨てるしかありませんね。

たぶんキッチンペーパーがオススメです。試しては無いけどあの拭き取り能力が活きない訳が無い。

そして拭き取った直後の感動がコチラ。

塗り込みも拭き取りも甘いので残ってる感じに見えますが、触り心地はもうツルッツル。

丁寧に出来ていた部位でも黒いポツポツは近くで見ると確認できました。さすがにまっさらとまではいかないみたい。でも触り心地は!そりゃぁもうツルッツルでしたよ!

使用直後

拭き取り後に気づきましたが、一部肌が赤みがかっていました。とは言え痒くは無い感じ。

赤くなった状態で外出したくない方は夜にやった方が良さそうですね。俺は出かける間際にやりました。アホです。

なおも全体的に痒みは無いですね。ただ自分では気付いてなかった微妙な傷が痛痒い感じになっていました。

傷の有無はちゃんと確認した方が良さそう。当然だけど。

終わった後は念の為、化粧水を塗りたくりました。ケアはとっても大事。

使用数時間後

まず最初の違和感は、「服の擦れ方が違うから気持ち悪い」という点。

ムダ毛のケアをしている人はいつもこんな感じなのかと、新たな感覚が身に付いた気がします。

あと、どっちでもいい情報ですが汗が流れるようになります。いつもだったら毛で捕捉されてる感じですが、ストッパーが無くなったら仕方ない……か……。

注意点

さて、最後に注意点だけ。大事なことを言いますよ。心して耳を傾けてください。

一気に広範囲を塗ろうとするな!

これ大事です。僕は面倒くさがりなので両脚の全体を一気に塗りました。

これによって発生する問題は、

  • 塗り残しの多発
  • 塗り込みの甘さ
  • 予想外の付着(次項)

です。僕が使用した際は全体の7%くらいは除毛出来ずに残りました。皮膚への負担を考えて半日くらい空けてから再使用したかったので、かなり厄介な問題でしたね。

また、根元が若干残ったりする所があることを考えると、しっかり塗り込めてなかったなと思います。

やるなら片脚の膝下→膝上→逆脚も同じように、くらいの範囲に分けた方がいいかもしれませんね。

時間はかかりますが、絶対そっちの方がいい!!

予想外の付着に気を付けろ!

これは特に男性ですが、放置してる時間に局部に付着する問題がありました。ちょっとはしたない話題ですみません……。

でも、これは大きな問題です。付いたことによる痛みなどは無かったのですが、恐怖が凄かったです。

ほら……、粘膜ですし、臓器ですし……。めちゃくちゃ怖かった……。

そして、一部除毛する予定が無かった局部の毛が消失しました……。すごい変な感じになりました。眉毛の剃り間違いに近い物があります。

除毛する予定のない部分は、ビニールで覆ったりした方がいいかもしれませんね……。はぁ、これどうしよう。

素手でやるな!

これも大事です。ビニール手袋とか付けた方が絶対にいいです。

と言うかそもそもそれが推奨されてるでしょうし。僕は買い忘れたので「いいやー!」って使ってしまいました。

痛みとか、除毛されてしまったとかでは無いんですよ。すぐ洗い流しましたし、その辺の影響はありませんでした。

これは、メンタルへの影響です。「ちゃんと成分が洗い流されているのだろうか……。この手で顔や頭に触ったら、その辺の毛が無くなってしまうんじゃないか……。」と言う恐怖。

特に僕は前髪が出張に行ったまま帰って来ていないので、これ以上頭髪に退職されたらたまったもんじゃありませんからね。

まぁ結果的に影響はなかったのですが、恐怖を抱かないためにもビニールやゴムの手袋は絶対に着用しましょう。

時間は多めに見積もっておけ!

「塗布に5分、長めに10分くらい放置して、5分で拭き取れるだろう。」と思って始めましたが、全然そんなもんじゃなかったですね。

それぞれ10分、10分、25分くらいかかりました。拭き取りが本当に大変。

しかもその後、クリームが着いてしまったところを掃除したりする必要があるので、さらに時間がかかるでしょう。

時間はたっぷりある時に行いましょう。

一度で除毛し尽くせ!

最後にこちらです。どういうことかと言うと「残っちゃった!時間を少し空けて2回目をやろう!」はやめといた方がいいって話。

一部クリームが薄かったのか上手く除毛できない部分がありましたので、10時間くらい空けて2回目の塗布を行ったのですが……、

2回目は結構ピリピリしましたし、その後、肌荒れも確認できました。やはり肌へのダメージはそれなりにあるみたいですね。

残ってしまったら諦めてカミソリで剃った方がいいかもしれません。

 

まとめ

人生で初めて除毛クリームを使いました。素晴らしい体験でした。

この記事は使用してすぐに書いているので、改めて生えてくる時にチクチクするのか、その後の毛質に影響があるのかなど、分からない点は多いですが、次回の記事で追加レビューをしたいと思います。

ムダ毛で悩む全ての人達の力に、少しでもなれたらと思います。

ぜひ参考にしてみてください!ではこの辺で!

改めて、商品はこちらでしたよ。

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント