2018/04/01 ブログのテーマをcocoonに変更しました。

YouTubeにある曲から、あなたに合わせたBUMPの曲を

過去のBUMPについての記事はこちら。

BUMP OF CHICKEN 『PATHFINDER』ツアー初日に参戦しました!
BUMP OF CHICKENを好きになってから早9年……。何度も落選したライブ……。ようやく参加できました!!9/16 幕張メッセ  PATHFINDERツアー初日!!(終了後5分間、撮影許可が出たので撮影しました。)...

 

BUMP OF CHICKENファン歴ざっと9年の中堅BUMPファン、オサダ

今のあなたに合わせた

BUMPの曲を

紹介したいと思います!!

 

目指せ!BUMPソムリエ1級!!

目次の中から、今聴きたいと思う曲をクリック!(BUMPファンもワクワクさせるためにタイトルは書いてありませんよ。)

 

 

自分を奮起させたい人へ

綺麗なサウンドで入ってくる曲

上記にもリンクを貼った、PATHFINDERツアー初日。1曲目に演奏された曲ですね。紹介1曲目にも当然相応しい。

生きることの難しさ。困難。それでも生きていく。自分にとっての宝石を増やしながら。

『GO』

ミドルテンポの美しい曲

アルバムのタイトルにも繋がったこの曲。最近のBUMPらしい綺麗なサウンドとそれに噛み合う綺麗な歌詞が大好きですね。

どんなに思いを押し殺しても、あなたの心は強く美しい。

『Butterfly』

テンションも上がる曲

アニメの主題歌にもなりました。比較的新しい曲はゆったりであったりする曲が多いのですが、昔のようなゴリゴリのロックサウンド。

たくさんの中の1人でも、あなたが見ている世界はあなただけのもの。

『Hello,world!』

誰かを大切にしたい人へ

ゆったりと時間が流れる曲

まず挙げたいのは間違いなくこの曲です。ベースの重音から始まる心に響く3拍子。

大切な人に会いたくなる。別れが惜しくなる。そんな曲。

『You were here』

節目を歌った曲

続いてBUMP結成20周年の最後の日、そんな節目でレコーディングされたこの曲。CMにも起用されましたね。

様々な人が生きているこの世界。誰かと共にいることの素晴らしさを感じます。

『リボン』

ハイテンポで綺麗な曲

続いては美しいPVだと僕の中でも話題な曲。メロディーと映像がもう絶妙ですね。

BUMPにとって出会いとは別れの始まり。それでも出会ったことへの感動を。

『アリア』

曲の中のストーリーを感じたい人へ

サブタイトルが被らないようにするの大変になってきた……。

※埋め込みが許可されていない動画があるため、ただのリンクになっている曲もあります。

時の流れを感じる曲

この曲はみんなのうたでも流れた、子供にも大人にも響く曲。同ジャンルで『かさぶたぶたぶ』もありますが、今回はこちら。

自分の子供の頃を思い返しながら聞いてほしい。

『魔法の料理~君から君へ~』

BUMP OF CHICKEN『魔法の料理 〜君から君へ〜』 - YouTube

軽快なリズムの曲

BUMPファンでなくても知っていそうな曲ではあります。軽快なアコースティックサウンドが魅力。

こちらも大切な人との歌ではあるのですが、もはや1つの文学作品のような表現力。軽快さ×別れのコラボ。

『車輪の唄』

BUMP OF CHICKEN『車輪の唄』 - YouTube

暗く悲しい曲

こちらも悲しみの大きい曲ですが、曲中の人物(動物)の心情の描写が素晴らしい。なんなら僕は兄に教えられて、この曲でBUMPを知りました。

悲しい曲ではありますが、一本筋の通ったストーリー曲。

『K』

まとめ

様々な曲を紹介致しました。如何でしたでしょうか?本当はもっと紹介したかった……。

曲の解釈は僕の行ったものですが「この曲はこういう意味があるんだよ!にわか!」ってなったらごめんなさい。

 

BUMPの曲の好きなところは、多くの曲に出てくる『君』という単語が、聞いている時の精神状況などによって、『自分』になったり『(自分にとっての)君』になったりすることですね。今回紹介した中にもいくつか……。

他のアーティストさんの曲をあまり聞かないから分からないのだけど、結構普通のことなのかな?

それと、最後のサビで『今までの歌詞を内包した答えを提示してくる』感じがとても好きなんです。もう、「そう展開してくるか!」みたいな感覚!!

 

ダメだ。まとめがまとめじゃなくなってしまう……。次はYouTubeに無い、全体の中からおすすめの曲を提示してみようかな。

では、この辺で。ありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント