シェアする

【初心者導入編】色鉛筆で絵を描いてみた【カービィ】

シェアする

先日、大学の課題で着彩があり、今まで持っていた12色の色鉛筆では足りないと思い、48色の色鉛筆に手を出してみました!!

購入したのはこちら。ファーバーカステルの油性48色。運良くキャンペーンか何かで色鉛筆ロールも頂けました。

やはり僕は形から入る人のようで、道具が増えるだけで創作意欲?のようなものが湧いてきまして、上手な色鉛筆絵を描けるようになりたいと思いまして……。

コンパスオサダの新ジャンル記事、色鉛筆絵を開始したいと思います!

スポンサーリンク




初めに

色鉛筆を買った直後、僕はこんなツイートをしています。

過去、暇つぶしに鉛筆でデッサンをしたヒョウの絵を、改めて色鉛筆で描いていました。

しばらく描いてみたのですが、三次元はまぁ難しい!!

細かな陰影や要素を描くのは、まだ僕には早すぎると判断しました。そりゃそうだ。

ということで、僕の最終目標を『めちゃくちゃキレイな風景画を描けるようになる』として、練習していこうと思います。

また、今から色鉛筆を始める方にも分かりやすいように説明を交えてみようと思います。

目標達成がいつになるか分かりませんが、よろしくお願いします。

第1回『星のカービィ』

二次元の絵を描くにあたり、簡単かつ影を意識できる『カービィ』にチャレンジすることにしました。

中高の頃、よくノートに落書きで描いていました。懐かしいなぁ。

さて、描いていこう。頑張るぞ?

下描き

下描きのコツはとにかく薄く、線の跡が残らないように描くべきなんだそう。

鉛筆で描いた方がいいのですが、今回はイメージを湧きやすくするために色で下描きを描いてみました。

こんな感じ。

最初写真に写らないほど薄くて、少しだけ濃くしてしまった……。のちに響かなければいいが……。

構図はほとんどパクリですね。頭にイメージしてる形をそのまま描けるほど絵に慣れていませんからね……。

要素の着彩

今回は目と口が要素に当たると思っています。『色が完全に閉ざされている一部』とでも言い換えましょうか。

一部で完結しているものを描くと、絵が実体化していく雰囲気を感じ取れると思い、優先して描くことにしましたね。(たぶん下地より先に描くのは変なのでしょうが。)

色鉛筆の良さは、重ね塗りによって色の境界が曖昧になって、色の流れができることだと思っていますので、重ね塗りを意識したいと思いました。

こちらをご覧ください。

目だけ塗りましたが、右は1度塗り。左は4色を重ねています。

白は残したかったので輪郭をとって薄い色で下地を。その上に目の一部の色となる濃い青を重ね、黒目を塗りつぶし、最後に白目に薄く水色を着けてみました。

出来れば『色ごとに区切って塗り分けた時』とどんな違いが出るか比べたかったのですが、如何せん完成させるのに必死で……。

口まで塗ってみました。こんな感じ。

今のところ悪くないんじゃないかなぁ?着彩苦手な僕が結構頑張ってるぞ?

(よく見ると下地も描いてある……。次の項目なのに……。)

下地

次に、全体に下地を塗っていきます。

体はベージュ色。足はピンクで、どちらも薄めの色を使用しました。

上と同じ写真ですが、こちら。

範囲が広い下地は大変で、たまに力が入ってしまったりします。気を付けてじっくり塗りましょう。

この時点では、多少はみ出ても問題ありません。(たぶん)

陰影

さぁここからが苦手な分野。を付けていくぞぅ。

ほんとに苦手なんだよ。濃くあるべき場所が薄くなったり、薄くあるべき場所が濃くなったり……。さぁ集中だ。

まずは足。

カービィの足の裏は平らなので、影の境界はハッキリした方がいいのですが、線の方が濃くなりがちな僕は境界線は後回しにすることにしました。

そして全体。

あれ?なんか結構いいんじゃない?だいぶ粗いのは後々修正するとして、それっぽく見えてきたぞ?

立体感もあるような気がする。あるよね?ねぇ!!??あるよね!!?!??!(必死)

ちなみに結構いいペース。ここまでで1時間ちょい。

全体の着彩

日を跨ぎ、ついに全体の着彩に……。

はみ出たりするから苦手ですねぇこちらも。丁寧に行こう。

影を意識しながら、濃さをイメージしながら。塗り進めていきます。

こんな感じになりました。

こうして見ると、一枚前のやつとあんまり変わってないように見える……。

でも実はちょいちょい影の濃さを変えたりしてるんですよ。気付きますかね?

仕上げ

ということで最終工程。仕上げになりますね。

実は背景とかも描こうと思ったのですが、シンプルに難しいので最終的に断念しました。

まずはハッキリすべきな輪郭や影の線を、濃くなりすぎないように描いていきます。目などの要素や足や体など、立体感が出るように……。

同時に影も丁寧に塗りましたね。

そしてカービィの可愛いポイント。ほっぺを塗ります!もはやこれは最終工程……。

かっわいい!!

完成品

ということで完成いたしました。

オサダの色鉛筆絵 第一弾!『カービィ』です!

まとめ

こうして見ると悪くはないんだけど、手の位置とか色の濃さ足の立体感とか、まだまだ改良の余地があるようですね……。

まぁこれは作品として大事に取っておきますよ。

もう一つくらい二次元の作品を描いたら、あのヒョウの絵を完成させてみようかな。

風景画まで、何日かかるかな!乞うご期待!!

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。

言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。

連絡先:osada@routecompass.net

スポンサーリンク







シェアする

フォローする