シェアする

『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』: 僕にはADAが全てです。

シェアする

先日、『2017 PlayStation® Press Conference in Japan』(PSカンファレンス)がありました。

前々から話題になっていた『モンスターハンター:ワールド』だったり、地球防衛軍シリーズの最新作『EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN』だったり、個人的に前から気になっていた『十三機兵防衛圏』だったりと、様々な発表がありましたね。今からワクワクしてます!
生きる楽しみが増えたような感じです。

さてさて、そんな発表があった中で一番驚いたのが……。

『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS:M∀RS』

うおーーー! キターーー!

はい。僕の大好きな『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』がPS4に移植されるみたいですね! しかも、PSVRということで嬉しいです。ただ、酔わないか心配……。

そして、PSVRは持っていない! そう持っていない!
まあ、そんな悲しいことは置いておきまして今回は、『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』をご紹介。ぜひ、興味を持って頂ければ……。

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS

さて、この『ANUBIS ZONE OF THE ENDERS』(以下ANUBIS)は、2003年に発売されたPS2用ソフトです。ジャンルはロボットアクション。

この作品は、『-Z.O.E- ZONE OF THE ENDERS』(以下Z.O.E)の続編ですが、前作をプレイしていなくても楽しめるとは思います。ただ、個人的には、ぜひ一作目から始めて欲しい気もしますね(笑)

確か、4~5時間でクリアできた記憶が……。

PS3で、Z.O.EとANUBISの二つが一度に遊べるHD EDITIONがPS3で発売されているので気になった方はどうぞ。どうぞ! 

あらすじ

ここからは、少しあらすじを。

スポンサーリンク




-Z.O.E- ZONE OF THE ENDERS

まずは、一作目となるZ.O.Eについて簡単に。

舞台は木星圏のスペースコロニー、アンティリア。
そこに保管されている「ジェフティ」「アヌビス」という、軍事組織バフラムの二機の新型オービタルフレーム(OF)を得るために連合宇宙軍がコロニーを占拠することに。
そして、連合宇宙軍とバフラムの戦闘に巻き込まれる主人公のレオ・ステンバックは、偶然にもジェフティに搭乗することになる。そこに連合宇宙軍から「ジェフティを宇宙港へ運んで欲しい」という連絡が入った。コロニーでの戦いを止めるべくジェフティを宇宙港へ運ぶことになったレオは、バフラムと戦いながら目的地を目指す。

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS

一作目の戦いから二年後。
「アヌビス」を所持するバフラムは、宇宙連合軍を壊滅状態に陥れていた。

そんな中、元バフラムの軍人でエースパイロットであったディンゴ・イーグリットは、木星の衛星カリストで採掘作業中に宇宙連合軍が隠した「ジェフティ」を見つけたが、その後、ケン・マリネリス率いるバフラムの部隊からの襲撃に遭う。ディンゴは、ジェフティに搭乗することで部隊を撃退したが、他の同僚が捕まってしまう。そこで、バフラムの母艦へと潜入するが、かつての上官であるノウマンに銃撃され、瀕死の重傷を負うことに。

それから時間が流れ、ディンゴは連合宇宙軍のスパイだと名乗るケンにより、一命を取り留める。しかし、それは心肺機能をジェフティが肩代わりする形となることであった。そのため、ジェフティを降りたら死んでしまう体に。

ある種、人質状態のディンゴ。
そこで、以前の状態に戻すことを約束にケンの指示で、かつての上官であるノウマンが推進する『アーマーン計画』を阻止しようと動き出す。


あらすじが長くなりましたね。
要するに、『ANUBIS』では昔の上官が進めている大規模破壊計画を阻止するって言う事。

実は、この計画の阻止に関しては一作目の『Z.O.E』からの共通の話でもあるんですよ。

見どころ

サクッと紹介していきましょう!

-Z.O.E- ZONE OF THE ENDERS

ストーリーも良いですが、特に個人的に好きなのが……。

主人公のレオとジェフティに搭載されているAIのADA(エイダ)との交流ですね!

操縦の素人であるレオと、それをサポートするADA。
誰も殺したくない、みんなを救いたいと思いながら戦うレオと、その考えを理解できないADA。

しかし、戦いながらお互いのことを理解していく感じ。互いに良いパートナーになっていくのが見どころです。

寧ろ、これだけでも感じ取って貰えたらOKです!

ANUBIS ZONE OF THE ENDERS

楽曲

さて『ANUBIS』ですが、まず、OPの曲がカッコいいですね。この曲だけは知っているという友人もいた程です(笑)

アクション

そして他にも、アクションのスピードが上がったのがポイントですね。
今作では、一度の戦闘で相手にする敵の数が増えたことに加え、画面いっぱいに現れる敵全部をロックオンできるようになったことで爽快感が跳ね上がりました。

つまり、一作目とは比べ物にならないくらいに増えた敵を相手に、圧倒的なスピードで立ち回れるという……本当に気持ちの良いゲームです!

VRで酔いそうだなと思ったのも、実はこのポイントでした(笑)

ちなみに↓はPS3での映像。
クリアしてみると、結構ネタバレ満載だったなと思いますね(笑)

おまけに新作のM∀RSのトレーラー↓
映像がHD EDITIONよりも、さらに良くなりました!

前作からの流れと成長

やっぱり何と言っても、前作でのキャラクターが成長して登場することです!

『Z.O.E』の頃に比べて大人になったレオ。

そして、AIであるADAが以前と比べ人間らしさを得ている点。
ここには、前作でレオと一緒に行動していた時の影響が出ているんだなと感じ取れて嬉しくなりましたね!

『ANUBIS』だけのプレイでは感じ取れない、楽しめるポイントでした。

そして、徐々に強化プログラムを入手することで技が増え強くなっていくジェフティ。
RPGみたいで、たまらないですね!

まとめ

爽快なアクションを楽しみたいと思っている方にはおすすめのゲームですので、ぜひ楽しんでみてください!

たぶん、あなたもAIって良いなと思うはず。
確か、僕が変な方へ走り出したのもこのゲームがきっかけでしたね。懐かしい。
AI萌えってやつ。あなたも道連れになりませんか?

そして、僕は早くベクターキャノンを撃ちたいです。あの起動するときのワクワク感を早く……早く……!
――ライフリング回転開始――
――撃てます――

ここまでの流れが大好き(笑)

はい。テンションが危なくなってきましたね。
好きなものがまた遊べるっていうのは嬉しいな~と思いつつ、今回はこれで終わりにします!

あっ、今回もアイキャッチ画像書かないと~!

はいだらー!

The following two tabs change content below.

スドー

こんにちは!

読書と料理が趣味、ゲームが生き甲斐の村人S。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする