シェアする

色の三属性について簡単にまとめてみた

シェアする

さてさて、こんにちは!

今回は、色について簡単に書いてみようかなと。

本当に基本的なことをまとめてみます。
色相と明度と彩度ですね。

ビックリするほど基本的だ!
まあ、ブログの配色とかを決めるときに、なかなか話が伝わらないな~なんて感じたこともあったので、書こうと思ったのです。

※PCで見てもらえるとより伝わる内容かもしれないです!

さて、PCでみている方は下のボックスで色ってたくさんあるな~と再確認したら今回の記事は始まり、始まり。

スマホでは色が少ないですからね……。

スポンサーリンク




色の三属性

色の三属性とは、「色相」「明度」「彩度」のことです。
では、詳しく見てみましょうー!

色相

色相……つまり、色の種類ですね。

赤や、青、黄に緑、etc......。

色相はこんなところです。
簡単ですね!

明度

これは、色の明るさ。

明度が低いと暗い色。
明度が高いと明るい色。

明度が高いと白へと近づいて、明度が低いと黒へと近づきますね。

下のボックスをいじって貰えれば分かりますが、右端のバーを上下させれば明度を高くさせると白へ、明度を低くさせると黒へということが視覚的に分かりやすいのではないでしょうか。

とりあえずPC版の画像を貼っておきますね。
スマホの場合では、詳細のボタンを押すと出てくる画面です、バーを横に動かすようですね!

下にある、明るさの数値が変化しますね!

彩度

最後に、彩度です。

これは、色の鮮やかさを指しています。

同じ色でも、彩度が高ければ色味が強く、低ければ色味が弱くなりますね。

同じ『赤』でも結構印象が変わりますね。

ここでもPCの画面を。

白や黒は色じゃないのか?

上の三つが、色の三属性というものですね。

この三つを使い、色を決めていきます。

そして、この「色相」「明度」「彩度」を使い表されるのが有彩色です。
つまり、色味を持っているということです。
赤や青などですね。

逆に、色味を持っていないのは無彩色と言われ、「明度」のみで表されます。
明度のみで表されるということは、白~灰色~黒ですね!

つまり、色相を持たず、明るさでしか表せない白や黒は色とは言えないのですね。

まとめ

どうでしたか?

結構あたりまえのことを、簡単にまとめてみました。

これをもとに、また別の記事を書いてみようかな……。

The following two tabs change content below.

スドー

こんにちは!

読書と料理が趣味、ゲームが生き甲斐の村人S。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする