変則大富豪ゲーム『サイコロ大富豪』

スポンサーリンク

どうも。ゲームマスターのオサダです。

過去に『ファイブカード』と名付けたオリジナルゲームの記事を公開したのですが、

頭脳・心理戦のトランプゲーム【オリジナル?】
どうも。様々な遊びの生みの親。サンシャインオサダです。イエーイ。 今回はコンパスでもやったことのある、ゲームのご紹介。タイトルが分からないからちゃんと調べてないけどオリジナル……なのか……? でも中学くらいの頃誰かとやっ...

そちらでチラッと話した『サイコロ大富豪』も紹介して欲しいとコメントが寄せられました。ありがとうございます!

 

と言うことで!頭脳戦度外視のパーティゲーム『サイコロ大富豪』を紹介するよ!!

 

 

必要なもの

  • トランプ1組(5人以上の場合、2組必要になることもあります。)
  • サイコロ2個

これだけ。道具は少なくていいのがトランプゲームのいい所だよね。サイコロ2個ってのが肝ですね。

 

ルール説明

まずは基本的なルールをご紹介。

このゲームは4人でやるのが一番楽しいと思うので、4人でやる前提でお話します。

 

  • カードはJOKER込みの54枚を使う
  • 大富豪の基本的なルールに則って行う(後述)
  • 各プレイヤーが任意でサイコロを1個または2個振り、出た目の枚数で戦う
  • 枚数が一番多いプレイヤーからゲームを開始する

 

これだけです。簡単に言うと手札枚数がバラバラになる大富豪ですね。2枚の人もいたら8枚の人もいたり。

さて、細かいルールを見て行きましょう。

 

大富豪には色々とローカルルールが存在しますが、このゲームをプレイする際は

  • マーク縛り
  • 8切り
  • Jバック
  • 反則上がり(最強カード,JOKER,8上がりは反則)
  • 革命(階段革命もあり、JOKER込みもあり)
  • (5スキップ)
  • (10捨て)

くらいまでに留めておいた方がわかりやすいと思います。5と10は個人的には無くていいかなと思うので()に入れました

 

そしてこのゲームのミソであるサイコロですが、各プレイヤーがサイコロの個数を自由に決めることができます!!これ大事!!

「最初のカードの枚数を減らしておきたいから1個」も良し。「カード枚数が多い方が自由が利くから2個」も良し。

カード枚数は運によって左右されますが、必ずしも「枚数が少ない=有利」となる訳では無いです!

例えば、もしサイコロで1が出ても、「4」しか手札に持てなかったらかなり不利ですし、「8」や「JOKER」が出てしまったら反則上がりが確定します。(笑)

それを避けるためにサイコロを2個振るのもまた戦略ですね。どちらが良いかは結局、その時の運次第!!

 

また、大富豪特有の『カード交換ルール』ですが、あっても面白いと思います。(僕がやった時はナシにしていました。)

手札が1枚の大貧民にJOKERを与えて負けを確定させることも出来ますし、大富豪や富豪もあまりいいカードを貰えないことが予想されます。

その辺もまた戦略的になっていくと思うので、ご自由にカスタマイズしてください!

 

おすすめのシチュエーション

一番いいのはやはり「お酒を飲んでる時にやる」ですね。

このゲームは、「手札1枚の人がJOKERを持ってしまう」とか

「手札を多くしようと2個振ったら2(ピンゾロ)が出た」とか

「手札が6枚しか無かったのに革命出来た」とか

「4と5しか手札が無かったのに革命のおかげで勝利した」とか、

そういう下らないところで笑い合うパーティゲームです。

 

言ってしまえば、大富豪はただのオマケみたいなもんです。勝負形式のオマケを用いることで下らなさが長続きするイメージですね。

そういう下らない笑いは、お酒を飲んでる時に特に真価を発揮しますよね。

このご時世、なかなか宅飲みなんて出来ないとは思いますが、日常に戻ったらやってみてはいかがでしょうか。

とは言え、暇つぶしとしてもまぁまぁ使えると思います。まぁ、普段からトランプとサイコロを持ち歩いてる人なんてそうそういないとは思いますがね……。

 

まとめ

さて、駆け足ではありましたが『サイコロ大富豪』を紹介させて頂きました。

 

5人や6人でやっても、1組54枚が使い切られることはなかなかないので問題無いと思います。

もし足りなかったらサイコロの振り直しやトランプ2組目の追加で調整してみて下さい。

またオリジナルゲームを思いついたら紹介したいと思います!

 

それでは。

 

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント

  1. しじみの貝柱 より:

    成程、サイコロはそう使うんですね。運要素がかなり大きくなって多人数でも楽しめそうです。ありがとうございました。

    • オサダ より:

      しじみの貝柱 様
      改めてコメントありがとうございます!そして記事のリクエストありがとうございました!

      ゲームとしての完成度はそれほど高くありませんが、もしプレイして頂けたら幸いです。
      また何か新たなゲーム思いついたらお届けしたいと思います!