オサダのすゝめ 其ノ九 『BIRDMEN』

スポンサーリンク

また漫画のおすすめをしたいと思いますよ!今回おすすめするのは……!!

『BIRDMEN』です!!

 

先が気になる作品として紹介しようとしていたのですが……!!

この記事を書く為に改めて作品について検索をかけたら、なんと2月上旬に完結してたことが判明しました。衝撃。

しかも最終巻である16巻も発売済み。嘘だろ?確か15巻まで読んだけど、あそこから完結できるのか?

この記事書き終わったら読んできますね。今までの漫画紹介記事はこちらから。

 

 

 

『BIRDMEN』 全16巻

作者:田辺イエロウ

出版:小学館

 

あらすじ

「一人の方がずっと気楽だ。」

高校受験を控えた烏丸英司は、ネガティブでひねくれた中学3年生。

子供の頃からの厳しい勉強で身に付けてしまったプライドから、周囲の楽しそうに過ごす人間を羨ましがりつつも見下して過ごしている。まさに思春期真っ盛り。

「この世は不公平だ。努力しなくても持ってる奴はなんでも持ってるし、どれだけ努力しても、持ってない奴に大した見返りはない。」

「こんなつまんない世界、いっそ全部終わった方が公平かもな。」

こう呟いた直後、彼の乗るバスは崖から飛び出した。

自らの血に浸かり、死を覚悟したその時、悪魔のような姿で目の前に現れたのは、巷で噂になっていた『鳥男』だった。

 

感想

相変わらずあらすじが、下手!何を書きたいのか自分でよくわからなくなりますね……。

 

この漫画は『結界師』の作者である田辺イエロウ先生が描いている作品です。

ちなみに結界師は読んだことがありません!!

 

さて、感想ですが、序盤の引き込まれ方が半端ないです!

LINEマンガと言うアプリで3冊読めるキャンペーンをしていたので試しに読んだ時に、衝撃を受けましたね。

キャラ同士の会話は比較的難しいし、文字量も比較的多い漫画。なのにスルスル読める!って言うのが最初の印象でした。

あらすじを序盤の序盤の部分の説明にしてしまったせいで、どんな感想を言ってもネタバレになってしまうので控えますが……、

どの巻を読んでも、先がどんどん気になりますね。ワクワクするよ。

すなわち、最終巻を読んでない今も、最終巻が気になってワクワクしてるわけです。早く読みたい。

 

ちなみに海外編?になる頃にはめちゃめちゃ話が難しくなってきます。初めて読む時は時間がかかると思いますよ!覚悟してね!

 

まとめ

今回はネタバレを気にしてあんまり内容に踏み込めなかったですね。

人が、人から離れた『特別』な存在になった時、どんな心の移り変わりをするのか。そんなたらればが垣間見れる作品かな?

まだ最終話まで読めてないので先が気になります。と言うか本当に、まさか完結してたとはね……。ビックリしました……。この記事書いてよかった……。

 

それではこの辺で。

 

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント