スポンサーリンク

オサダのすゝめ 其ノ八『Dr.STONE』

スポンサーリンク

久しぶりの漫画紹介記事。今回ご紹介するのは、最近話題のあのジャンプ漫画。

Dr.STONEについて紹介したいと思います!!

理系大歓喜の最高に楽しいSF漫画。現在アニメ放映中ですし、今こそ紹介したい。

まぁオサダのすゝめではあくまで、漫画の紹介になりますがね!

今までのすゝめはこちらから。

オサダのすゝめ
「オサダのすゝめ」の記事一覧です。

 

 

『Dr.STONE』現在連載中

原作:稲垣理一郎
作画:Boichi

出版:集英社

 

あらすじ

ある日、地上は突然謎の光に包まれて、人類は全て石化してしまった。

 

動けない……、何も見えない……、何も聞こえない……。意識すらも、遠のいて……いく……。

 

そんな中、それぞれの思いを胸に、ペットボトルキャップからガソリンを精製出来るほどの天才高校生『千空(せんくう)』と、

千空に体力バカと揶揄される体力バカ高校生『大樹(たいじゅ)』は意識を保ち、石化を破る瞬間を強い精神力で待っていた。

 

そして、時は数千年進み……、西暦5738年

2人の高校生が滅亡した文明の中、目を覚ます。

「科学の力で、このストーンワールドのアダムとイブになってやる。」

 

感想

何ヶ月経っても、あらすじってモノは上手く書けませんね。どうやるんだろうな。

 

ダブル主人公かと思いきや、なんなら序盤は大樹が主人公なのかと思わせながら、メインの主人公は明らかに千空の方

千空は、明らかに現実離れした環境の中で、現実に使われている科学の力を最大限駆使して生き抜き、そして石化された人類を救い出すことに全力を注ぐ少年ですね。

 

まず僕が惹かれたのは、科学でのサバイバル攻略シーン

高校レベルの物理化学までしか専攻してない自分でも、余裕で理解出来る(ようで出来ない)ような技術を使ってくれます。

そのおかげで、それほど異世界感が無いのが好感触なポイントですね。

ちなみにゴリゴリ文系の友人に勧めてもハマってくれたので、「私文系だし、科学の話とかされてもなぁ……。」って人でもすんなり読めると思います。

 

また、かなり読み進めてからの展開になりますが、伏線が見事ですね

Dr.STONEの原作は、かの『アイシールド21』の原作で知られる、稲垣理一郎さん

大作家さんなわけですよ。そりゃ見事なストーリー展開を用意してくれるわけだ。

キャラも個性が強すぎず弱すぎず、いい塩梅なんですよね。

 

今、本当にオススメの漫画です!気になった方は、是非とも今すぐ漫画喫茶へ!!

 

ちなみに

2019/11/16現在、Dr.STONEのアニメが放映中です!!僕はもちろんチェックしてますよ!

さらに、Amazonプライムビデオでは過去の放送回が視聴できます!

Amazon.co.jp: Dr.STONEを観る | Prime Video
Dr.STONEを今すぐ好きなデバイスで観よう!プライム会員なら会員特典対象の豊富な映画やTV番組が見放題。レンタル・購入できる作品も充実。

まだまだ全然追えますよ!十数話ですからね!!

 

さらに、さらに!現在ジャンプ本誌では、作画のBoichiさんが独自で!Dr.STONEのアナザーサイドストーリーを手掛けています!!

しかも本編の原稿を落とすことなく掲載しています。つまり1週間に2話仕上げ……。化け物ですかね。スゴすぎるよ。

そちらの方は、スマホアプリ『ジャンプ+』で終わった回を読むことが出来ますが、本編の登場人物がそのまま登場して活躍しますので、本編をある程度さらってからの方がいいかなと思います!

念の為、リンクはこちらから。いつまで読めるか分かりませんが1話目です。

[第1話]Dr.STONE reboot:百夜/ジャンプ本誌新連載マンガ試し読み - 稲垣理一郎/Boichi | 少年ジャンプ+
週刊少年ジャンプの新連載マンガを試し読み配信!! 面白かったら続きは本誌にて是非!!

 

まとめ

久々の漫画紹介記事でしたが、どうでしたか!

え?「流行に擦り寄ることもあるんですね。」だって???

そりゃね!!そっちの方が読んでもらえると思ってるからね!!記事も漫画も!!

それに僕は1話目から欠かさず読んでいるちゃんとしたファンですからね!!!

これはただの布教活動です!

 

と言うことで今回はこの辺で。ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント