2018/04/01 ブログのテーマをcocoonに変更しました。

メリハリのある生活はメリハリのある空間から

やっと定期記事が回ってきましたね!お待たせしました!!

僕はこの4月、部屋を思い切り模様替え致しました!

自画自賛するほどいいレイアウト!そしてそこに至るまでの経緯とは!是非ご覧下さい。

 

今回は画像の数が多いため、行間のスペースを多めにお送りします。

 

 

およその間取り

 

まさか部屋の間取りから住所などが特定されるとは思えないので、やんわりご紹介致します。

 

 

 

7.5畳のワンルーム。残念ながら北向き。図面の左側が北です。方位付け忘れた……。

パースにするとこんな感じ。おおよそですけどね。

 

 

 

 

さぁ、匠・オサダはどんなレイアウトに仕上げていくのでしょう。(画像に書いてある通り、ARCHICADを利用しています。)

 

レイアウト(初期)

 

こちらが引越し当初から1年間、固定していたレイアウトです。

 

 

 

この部屋の形を考えると、1番無難な気がしますね。

しかし、テーブル周りが狭く、ベッドの下に付いている収納も生かしきれてない。にも関わらずデッドスペースが広いような……。

そんなことを考えながら、入居日からちょうど1年後。模様替えをすることに。

 

レイアウト(安定期)

 

先日までの3年間、固定して使っていたレイアウトです。よくベッドの位置で引かれます。こんな感じ。

 

 

 

この形とした最大の理由は、テーブル周りを広くしたかったからですね!

コンパスなり大学の友達なり、4人でゆったりとした空間で麻雀をしたかったんですよ!3回くらいしか実現してないですが……。

あとはクローゼットの機能性を向上しようと思いまして!この形なら初期のレイアウトより開きやすい!

 

上にも書きましたが、よく引かれます。でも、でもね!?この配置は、ベッドが生活拠点である僕にとって、最高の形なのです!!

 

「テーブルまで1歩、キッチンも1歩。トイレに2歩!風呂まで3歩!!」が僕の口癖。

 

さっきから思ってたけど、テーブルとフローリングの色、同化しすぎじゃね??

 

レイアウト(完成型)

 

そして最後に、完成された『ぼくのさいきょうのれいあうと』です!!

 

 

 

ベッドとテーブルからテレビを見ることが出来る生活空間が、僕の怠惰に大きく影響していたのでは!?と考えました。(言い訳です。)

テーブルで勉強しようにも目の前にはテレビ、後ろにはベッド……。誘惑が多すぎる。

その為、テレビがあった位置に勉強用のデスクを配置。製図や模型製作もするので大きめの1200×600(棚付き)。上には模型材料を置くための突っ張り棚を設置(図面には起こしていません)。購入品はこんなの。

空間の幅が123cmだったため、突っ張り棚に丁度いいものがなく(ほとんどのものが120cm仕様)、かなり大きくて予想より高いものを買うことに……。

テレビを見てご飯を食べるテーブルには新たに座椅子を設置。これによりベッドの引き出し、クローゼットを軽々開閉できるように。

空間ごとに気持ちの変化が生まれると思います!勉強は勉強。テレビはテレビ!適当にゾーニングするとこんな感じ。過去との比較と併せてご覧ください。

 

  新レイアウト

 

  旧レイアウト

 

 

比べてみると一目瞭然ですね……。きっちり分けられていることが大事であると信じてます。

ちゃんとパースを出すとこんな感じですね。

 

(太陽の向き、影の付き方など、現実とは異なります。これはラピュタです。)

 

まとめ

 

と言うことで、完成された勉強スペースがこんな感じ!!

 

(著作権の関係でカレンダーを塗りつぶしています。)

 

さりげなくBUMPグッズを配置する策士感……。

 

模様替えって楽しいですよね!採寸からイメージを仕上げるまで……頭の中が現実に表出するような……。

想像よりもお金が飛ぶけどね!?!?マルチタップとかTVのアンテナ線の延長とか……。予定外の出費がたくさん……。

 

さて、新年度最初のオサダの定期記事、いかがだったでしょうか。

定期・突発記事、どちらもこの新たな勉強スペースで頑張りたいと思います!!

 

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。
言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。
連絡先:osada@routecompass.net

コメント