シェアする

ここであえてのLINE Notify 生存確認BOT

シェアする

どもども

皆さんは毎日誰かから連絡来ますか?

僕は親から毎日来るんです......

その連絡がこちら

はい、こんな不毛な事を毎日してます(笑)だるいです......

でもでも最近進捗があって、こんな連絡が来ました。ただ連絡を忘れてただけなんですけど

ん?これは...もしかして......自分から「元気ですと」自動でメッセージを送ればいいのでは?

って事で作ってみました〜

スポンサーリンク




使用したツール

はい。これだけです(手抜き)

IFTTTはWebサービス同士を繋げられるWebサービスです。

いつもお世話になっています。

作成手順

  1. LINEでグループを作成(IFTTTではグループトークしか使用不可)
  2. 今回は生存確認グループを作成
  3. IFTTTにアクセス
  4. IFTTTアカウントを持っていない方は画面の指示に従って作成
  5. 右上のアカウントボタンからNew Appletを選択
  6. thisボタンを押して、Date & Timeを選択

  1. Every day atを選択
  2. メッセージを送りたい時間を選択(今回はAM 8:00)

  1. Create trigger → that を選択
  2. LINE → Send messageを選択
  3. [例]以下の画像のように設定
  4. Create action → Finishを選択

以下のようになれば成功です。

実戦

まずは親と作られているLINE Nofityを生存確認グループに入れてAM 8:00まで待機

待機

来ました......ぴったりAM 8:00です......

そして待機......

はいバレましたwwwwwwww

感想と今後の展望

感想

名前がLINE Nofityだと駄目ですねー

メッセージを送るだけじゃなくて、返信もしないとなー

次はバレないLINE BOTを作ると決心したおーかわでした。

今後の展望

家で余っていたRaspberry Pi2を使ってLINE_BOTサーバーを作ろうかなと

ん~~~これは一気にレベルが高くなりそうだなぁ

デュエルスタンバイ!!

次回記事

[GAS]全米が泣いた親不孝 LINE Botを作ってみた
どーも最近反抗期のオーカワです。以前親に生存確認を送るBOTを作りました。 IFTTTとLINE Notiftを使い、毎朝8:...
The following two tabs change content below.

オーカワ

ロボット勉強中の大学4年生!!いつもはTwitterにいるよ。フォローちてね♪
詳しいプロフィールは こちらから
スポンサーリンク







シェアする

フォローする