スポンサーリンク

iPadをサブディスプレイとして使うSidecarを使ってみたら衝撃の結果が

スポンサーリンク

iPadのOSがiPadOSになりましたね。

今回、iPadをサブディスプレイに使えるSidecarを使ってみた感想など書いていきたいと思います。

Sidecar で iPad を Mac の 2 台目のディスプレイとして使う
Sidecar を使えば、Mac のデスクトップを拡張またはミラーリングするディスプレイとして iPad を活用できます。

使い方

同じネットワーク環境で近い場合にMacのメニューバーにiPadのマークが出ます。

そちらを押したら簡単にiPadをサブディスプレイにできます。

使用感

簡単に接続することができます。遅延もほぼありません。

多分iPad側はフラッシュレート下げられています。

 

ですが.......

 

ネットワークが................Sidecar使うとネットワークが極端に遅くなります。

sidecar使う前

sidecar使った後

接続にはWifiとBluetoothを使っていて、おそらく2.4GHz帯を使用しています。

ちなみに近くの2.4GHz帯を使って通信する機器は軒並み通信できなくなります。

5GHz帯を使わないと通信が遮断されます。

 

ですので、公共の場所、たとえばカフェとかで使う場合は苦情が絶対出るので使えません。私は隣人に影響が出ていましたし、使用する場合は危険です。

 

結論

Sidecarは周りに迷惑かけすぎるので、Duetを使いましょう。

Duet Display
元アップルエンジニアが、あなたのiPadをセカンドディスプレイに変えます。ラグはゼロです。
The following two tabs change content below.

オーカワ

GCPばっか触ってるにゃーんエンジニア。 こちらのブログも書いてた。

←Twitterやってるよ。フォロバ率97%

コメント