スポンサーリンク

夏は投稿物ホラーで

スポンサーリンク

夏だ。ホラーだ。クーラーだ。
ということで、少し前にリブートされた『チャイルド・プレイ』を映画館で観てきました。
普段、B級ホラー映画しか観ないから、とてもとても潤沢な予算を感じましたね。
うん、凄い。血やら肉やらから高級な香りがしてくるようで......でもB級ホラーの頑張っている感じが愛しいなとも思う僕でした。
いやぁ、映画って本当に素晴らしいものですね。

 

 

さて、ここからが本題。
そんなB級ホラーが好きな僕も、子供の頃はテレビのホラー番組、ホラー特集が苦手で、テレビで流れていると目を瞑って耳を塞いで必死になっていた頃がありました。あの頃が懐かしいね。アンビリバボーとかUSO!?ジャパンとか。
今だとめちゃくちゃ楽しんでますね。
この幽霊は可愛いな、とか良い演出だな、とか出たがりな幽霊だなって。
たぶん楽しみ方が違う

 

さてさて、今回は比較的ホラーが苦手な方へ、個人的におすすめホラー入門作品を。
はい、ホラードキュメント、投稿物ホラーですね。一般投稿者から寄せられた映像を紹介するのが軸の作品。
うわーって言って、笑って、ツッコんで、疑って、感心して......眠くなって。
今回は4シリーズ。お付き合い、よろしくです。

 

ほんとにあった!呪いのビデオ

はい、ほん呪です。こちらの名前は、投稿物ホラー好きにとっては一般教養ではないでしょうか。テレビのホラー映像特集なんかでも、この作品の映像が使われているのをよく観ますね。

テーマとしては、「一般投稿により寄せられた戦慄の映像集」。

原点にして頂点の「おわかりいただけただろうか」が聴ける作品。作品自体も2019年8月現在で、80巻越えるレジェンド。TSUTAYAなどでは、全巻揃っているところを見たこと無いです。
さてさて、それはともかく、巻によって監督が異なるので、自分の好きな監督さんや、演出などを探してみるのも楽しみ方の一つ。これは本物っぽいなと
思えるものがあるのが面白い。
この作品は、この監督っぽさがあるなとか分かるように......。
一般投稿......監督......演出......。

インタビューとか、調査パートとかあるからね。演出も必要さ。

 

封印映像

テーマとしては、お蔵入りとなった作品を公開するというもの。
個人的には、そのまま封印しておいてよ、と言いたくはなる。呪われたらどうするの??
そして作品の冒頭で、お焚き上げのようにビデオを燃やすシーンが流れるのが特徴(?)
この時代でもVHSっていうのが良いですね。
心霊もの、都市伝説もの、人間怖いもの、民俗的なもの。
守備範囲が広く、好みの話が見つかるはず。その分、人によっては当たり外れがあるかもしれません。
個人的には、「赤ずきんちゃん」回が苦手。ストーリーっていうか、赤ずきんちゃんがね......。詳しくは御覧ください。

 

ほんとうに映った!監死カメラ

3つ目は、監死シリーズ。
監視カメラに映った心霊映像をメインに取り扱う作品。
初期は監視カメラ映像のみを紹介する
硬派な作品という印象だったが、徐々にしっかりホラーをしつつ、笑いを誘うような作品へとシフトしていった印象。
ちなみに、17巻でシリーズが完結しています。
登場人物、ストーリー、ナレーション内容のどれをとっても個性的。透明人間を撮影したり、幽霊をコレクションしたり......。内容は重すぎず気楽に見られるといった感じで、中には、真剣にシリアスに笑わせに来てるなと感じてしまうものも。

 

全体的に、一番最初に見やすい作品かな? と思います。

......あぁ、コケちゃん。

Not Found -ネットから削除された禁断動画-

最後のシリーズは、ノッファンです。
こちらは副題通り、インターネット上に公開されたものの、過激性などの理由により削除された動画を扱うというもの。そのテーマの様に心霊もの以外も多く扱い、UMA系やグロ系、痛い系など、人には簡単におすすめできない作品。
特に、作品の題名に道具の名前が入っていると注意。高確率で痛い未来が待っています。
このシリーズでは、スタッフの個性が溢れる検証パートがメイン......なのかな。ネタ回や社会派な回、後味が悪い回など、バラエティに富んでいて面白い。


印象に残っているのは、「ツチノコ発見!?」や「見た目80歳、僕12歳」。
痛いのが嫌なら、タイトルで判断して早送りしたり、チャプターをスキップしたりするのもありかな?

おわりに

やっぱり投稿物ホラーは、当たり外れ、好き嫌いの差がありますね。
CGが微妙だなとか、作り物感が拭えないなとか、そんな部分を補うのがストーリーの作りだったり、見せ方の発想だったり。そんな部分を、楽しんでみてはどうでしょうか。意外と古典的なホラーを踏襲していたり......ね。

是非、ホラーを好きになってみてください。

 

 

おわかりいただけただろうか。
今回の記事、内容が無いのである。

時間を無駄にしたって感じさせようとする地縛霊の仕業とでも言うのだろうか。

The following two tabs change content below.

スドー

こんにちは!

読書と料理が趣味、ゲームが生き甲斐の村人S。

コメント