シェアする

地理ってすごい!

シェアする

地理ってものすごく楽しいんです!!

......なんて思うことは、地理を専門で学びはじめてからほとんどありませんが、日々の生活や旅先で「地理って役にたつなぁ~」と思うことが多々あったので、今回はそこをまとめたいと思います。

スポンサーリンク




地理がわかると通勤が楽になる

地理ではどういった街にどういった機能があるのかということを学びます。

私が住む 舞浜 の地域は、レジャー施設が中心となっている街です。お隣の 新浦安 は高層マンションが建ち並ぶ高級マンション街で、比較的裕福な家庭が多いです。さらにそのまた隣の 市川塩浜 はちょっとした工業団地となっています。

こうした街に対する理解を持っていれば、通勤・帰宅電車などでどの人がどの駅で降りるかが推測可能となるため、かなりの高確率で椅子に座ることができるようになります。

これは、私が友達と西船橋駅から京葉(武蔵野)線に乗って、新浦安と舞浜を通過し、東京に向かったときのお話です。

私たちは電車に乗ると、ルイヴィトンのカバンを持っている「マダム」と無精髭を生やした中年の「おじさん」とディズニーグッズを身につけた「若い女性」の前に立ちました。

すると、市川塩浜で「おじさん」が降り、新浦安で「マダム」が降り、舞浜で「若い女性」が降りたので、友達みんなで座ることができました。

これは身に付けているものや年齢、格好などからどこの駅に用事がある人なのか、ということがわかったから座ることができたのです。

さらに、電車に乗っている時間帯や平日・休日などを考慮に加えるとより一層、空く座席を当てることができるようになります。

これは私が地理から学んだ人生の知恵です(笑)

地理がわかると散歩が楽しくなる

散歩をしているとお家の表札を目にすることがよくあります。そこに「大川」という文字があったとします。私が地理をやっていなかったとしたら、きっとこう思います。

「あ、うち(コンパス)の オーカワ と同じ名字がたくさんいる!!」......まぁ、これはこれで楽しい発見でした(笑)

しかし、地理をやっていた私はもっと面白いことに気づくのでした。「大川って名字が多いってことは、もしかしたら近くに大きな川があるのかな?」

...............ビンゴ!!私の予想通り大きな川がその地域を流れていました。

こうした名字からの推測以外にもですが、地名に「○○台」とあると台地だから崖もあるかも!......などという推測も地理をやっていれば可能になります。自分の推測があたるととても楽しいものです。

地理がわかると人に対する理解も深まる

とある高校生が都心の学校に転校してきました。その高校生は沖縄の小さな島からやってきたそうです。なかなか、都心の生活に慣れることができず、周りの人とも仲良くなれないようです。

もし、このような状況で私がもともと都心部の高校にいた生徒だとしたら、その転校生と一緒にあるスポーツをするでしょう。

それは、「バレーボール」です。そうすれば、転校生との距離が縮まって、仲良くなれることでしょう!

何故かって?小さな島にはあまり多くの子供はいません。小中学生の男女合わせて20人いないような島もあるでしょう。そのような状況でサッカーや野球をすることはできません。競技人数が足りないからです。

人口の地理的特徴を理解していればこうして、人に対する理解を深めることができ、人を幸せに導くことだってできるかもしれません!!

地理がわかると頭がよくなる

これまでの話からもわかるように、地理には一つの大きなポイントがあります。

それが......

ある一つの情報を得るだけで、そこからより多くのことを想像できる!!

......という点です。

これは社会に出ればとても役にたつスキルだと思います。「なんで今月は売り上げが落ち込んだのか」「どういう人が来週はお店にくるのだろうか」「どこにお店を構えたら利益があがるだろうか」などといった、分析・推測は、常にビジネスにつきまとうものです。

そんなときに、より少ない情報でもそこから様々なことを想像できる人がいれば、わざわざ調査に費用を割かなくても、より大きな効果や利益をあげることが可能になります。

また、普段からこうした「ひとつの情報からたくさんのことを想像する」クセを身に付けていれば、思考力が身に付き、その積み重ねによってものごとの理解力もついていくと思われます。

まとめ

......というように、地理学はなにごとにも応用できる有用な学問であると私は考えます!!

「地名を覚えてなにになるんだ!」「果物の生産に関する統計なんて毎年かわるだろ!!」などといって地理を遠ざけていた方に私は言いたいです。

それはあくまで地理に必要な基本知識であって、地理学をするというのはそういったことを単に暗記するわけではなく、思考を巡らせることなのだ!と。

人は考える葦です。皆さんも地理的思考を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?きっと人生がもっと楽しくなりますよ!!

The following two tabs change content below.

アリイズミ

職業:大学生(4年生)

趣味:テニス,ドライブ,旅行,ディズニー

座右の銘:「人生にドラマを」,「過去を糧に、未来を夢見て、今にときめけ」,「童心忘るべからず」


連絡先:ariizumi@routecompass.net

Twitter:@compassariizumi

最新記事 by アリイズミ (全て見る)

スポンサーリンク







シェアする

フォローする