シェアする

旅行の楽しみ方

シェアする

旅行に行く人は日本中、いや世界中にたくさんいると思います。しかし、その誰もが同じ旅行の楽しみ方をしているものでしょうか?

私は先月コンパスのメンバーで金沢に旅行に行きました!!そこで感じた、それぞれのメンバーが思う旅行の楽しみ方が、それぞれ違っていてとても興味深かったので記事にしてみたいと思いました。

(金沢旅行自体のレポートは後日、改めて皆さんにお伝えしますので、もう少々お待ちください。)

スポンサーリンク




食べ物を楽しむ

あるメンバーはとにかく美味しいものを食べたいと意気込んで、旅に出かけていました。

いざ、金沢につくと「海鮮丼」や「ご当地ラーメン」などなど、その土地にゆかりのある美味しいものをとにかく食べて、それをとても幸せそうに味わっていました。

「食べる」「観る」「泊まる」が旅行の楽しみとしてよくあげられますが、このメンバーはまさにこの「食べる」を存分に楽しんでいるといえるでしょう。

食べ物はどこにいても手に入るのが現在の日本ですが、その土地の、その時期のご飯は普段食べているそれとは大きく違って、美味しいということを考えれば、わざわざ旅に出かけることにも納得がいきますね!!

建築物を楽しむ

あるメンバーは、金沢駅のつくりや古い家の間取り、オシャレなデザインを観て唸っていました。

こちらも「食べる」「観る」「泊まる」の中の「観る」を存分に楽しんでいるのではないでしょうか?

「建築物」と書きましたが、展示物や工芸品などをじっくりと眺める姿もあり、「デザイン」の素晴らしさに浸っていたそうです。

建物はその土地の文化や気候などが大きく影響しています。つまりその土地ならではのものが多く存在します。建物を観ることはまさに、旅に出かけてその土地を知ることの典型といえるでしょう。

宿泊を楽しむ


「日本風の宿がいいな」「交通費にお金をかけるなら宿にお金をかけたい」などと旅に出かける前から豪語していたメンバーもいました。

「食べる」「観る」「泊まる」の「泊まる」にあてはまることは言うまでもありませんね!(言っちゃってますがww)

宿と一言で言っても、そのジャンルは山のようにあります。安さ・便利さを極めるビジネスホテルや、和を感じる旅館、北欧風なコテージや知らない人との出会いがあるゲストハウスなどなど......実に多くの宿泊施設が存在します。

自分の旅の用途に合わせて宿のジャンルを選び、ときに寝るだけの施設として活用し、ときに宿を旅の目的のひとつとすることもあります。

今回は温泉街の中にある旅館風のホテルでした。その土地ならではの温泉(お湯の成分など)やその土地ならではの躍りの披露(宴会場でのイベント)を楽しむことができるホテルであれば、旅に出かけることの意義を強く感じることができるでしょう。

人を楽しむ


また、あるメンバーはその土地に暮らす人やその人たちが作り上げた慣習などに強い興味を持っていました。

「食べる」「観る」「泊まる」という3つから少し離れたように感じるこの楽しみ方を「感じる」と定義したいと思います。

人の生き方や人の暮らしは旅に出かければ嫌でも感じることができるものでしょう。その土地の方言を話す人や土地柄ゆえにお節介なほどサービスが良い人、その土地ならではの手遊びをする子供などなど、様々な形でその土地を感じることができるでしょう。

人や人が作り出す文化・慣習は、自分が普段暮らしている街では決して感じることができない、「特別な雰囲気」です。その土地ならではの「雰囲気」を醸し出す人々と触れ合うためには、その土地に出向くしかありません。

まとめ

さて、なぜ人は旅に出かけるのでしょうか?人は旅で何を感じて何を楽しんでいるのでしょうか??

きっとその答えは人それぞれだと思います。それはここまでお話してきた通りです。

しかし、それと同時に楽しみ方に共通することがあります。それが、「その土地ならではを楽しむ」ことです。

今は、スマホの普及やインターネットの浸透などで、どこにいてもなんでも知れる・手に入れられる時代です。どこにいたって楽しめるアプリやブログは、ときに、ネットさえあればなんでもできるのではないかと錯覚させられます。

しかし、旅はネット世界では決して楽しむことができないものです。その土地のご飯を、オシャレなデザインの台所がある、自分のお気に入りの家で、仲の良い友達と、食べても、旅で感じることのできる「楽しさ」を感じることはできないでしょう。

その土地に足を運んではじめて感じることのできる楽しみが旅にはあります。皆さんもネット世界から抜け出して、どこかの土地を訪れてみてはいかがでしょうか??

きっとそこにはあなただけの楽しみが待っているはずです。

The following two tabs change content below.

アリイズミ

職業:大学生(4年生)

趣味:テニス,ドライブ,旅行,ディズニー

座右の銘:「人生にドラマを」,「過去を糧に、未来を夢見て、今にときめけ」,「童心忘るべからず」


連絡先:ariizumi@routecompass.net

Twitter:@compassariizumi

最新記事 by アリイズミ (全て見る)

スポンサーリンク







シェアする

フォローする