シェアする

東京ディズニーシー開園16周年!!

シェアする

おめでとう!!ディズニーシー♡♡♡16歳の誕生日っっっっっ!!!!!!!

はい。(笑) どうも、ディズニーを愛しディズニーに愛された男、アリイズミです!(サンシャイン池○風) 私とディズニーの関係(イタイ……)についてはこちらの記事をご確認ください↓↓↓↓↓↓

浦安の成人式
なんともおかしな時期に(現在4月)成人式(1月)についての記事を投稿しているわけですが(笑) 夢を叶えることの素晴らしさを皆さんにお伝えし...

今日、9月4日は東京ディズニーシーのオープン日、そして、ホテルミラコスタのオープン日です!!!2001年にオープンしてから今日で16年が経つわけですが、その間にどんなドラマがあったのでしょうか??5年毎の変化を私の記憶にある限りで追っかけていきたいと思います♪

※古い時代のパークの写真を掘り起こすことができなかったので、文字頼みになるので、皆さんの想像力をフル活用してください!

「イマジネーション、ハハッ」......(笑)

スポンサーリンク




開園~5周年

2001/9/4、待ちに待った第二のテーマパーク"東京ディズニーシー"がグランドオープンを迎えました!!初めてミラコスタの下をくぐり抜けた時に目の前に広がる海と火山の景色に感動した人も多いのではないでしょうか?

ディズニーシー・シンフォニーというナイトタイムスペクタキュラーを覚えていますでしょうか?ミッキーが指揮棒を振り、光や音が愉快な演奏を繰り広げるあの水上ショーです!ディズニーシーのテーマソングが聴けるあのショーも今は懐かしき日の思いでです。

アンコールというショーについてお話ししたかったのですが、私は見ることができなかったのでなにも話せません。ただ、キャラクター一色の現在のパークにはない魅力を持っていたこのショーは今でも見れなかったことを強く悔やむほど何か惹かれるものがありました。

......なんてことを言いながら、キャラクターがたくさん出ていた、リドアイル・ミート&スマイルというショーも印象的ですね。朝イチでリドアイルの席取りをしていた頃が懐かしいです。

レイジングスピリッツができてロストリバーデルタにもうひとつアトラクションが増えたのもこの期間でした。イクチュラコアトルとアクトゥリクトゥリという神々の名前を覚えるのに必死になりましたね(笑)

5周年~10周年

さて、5周年といえば♪Sea of dreams/MISIAですね!!オーバー・ザ・ウェーブやビッグバンドビートなどで流れていたこの曲は今も耳に強く残り続けています。

また、5周年のキャラクターコスチュームは5周年終了後もエントランスのグリーティングで見ることができ、比較的記憶に新しいかもしれません。

5周年の9/4にはタワーオブテラーができましたね!これによって、それまで両パークのもっとも高い建物だった、シンデレラ城とプロメテウス火山の51m記録が、タワーオブテラーの59mに塗り替えられました。ちょっとしたショックを受けたことを覚えています(笑)

ショックといえばドナルドのボートビルダーが終わってしまったのもこの期間でしたね。2010年あたりになってマイフレンドダッフィーがはじまったわけですが、個人的には!あくまで個人的にですよ?!?!......個人的には、ボートビルダーでチップ&デールがドナルドにイタズラしていた頃の方が恋しく思えます(T-T)

シンドバッド・セブンヴォヤッジと聞いて、ピンとくる人は、今はもうあまりいないかもしれませんね。今は"シンドバッド・ストーリーブックヴォヤッジ"という名前で、あの有名な♪コンパス・オブ・ユア・ハートという曲が人気ですね。昔のシンドバッドのアトラクションはみんな悪いやつばかりで、特に緑の巨人さんが怖かったことを未だに覚えています。

10周年~15周年

1!2!123!!ビーマジカーーール!!!!......覚えていますか??ディズニーランドの10周年の時の合言葉「イッツマジカル」と似ていたことのインパクトはとても強かったですね(笑)

私は10周年になる瞬間の9/3(土)~9/4(日)をホテルミラコスタで過ごしていたので、この10周年に対する思い入れはとても大きいです。震災の半年後という記憶はきっと皆さんにもあるでしょう。それに加えて実は、日本に大きな被害をもたらした台風がちょうど9/4あたりに直撃していて、東京ディズニーシーにとっては大変なアニバーサリーイヤーのスタートだったことを忘れもしません。

ファンタズミックも、10周年に少し先駆けてはじまりましたね!今も衰えぬ人気を誇るナイトタイムスペクタキュラーはこのとき日本にやってきました!!

そしてこの期間には大きなアトラクションが軒並み終了してしまいました。マーメイドラグーンシアターでやっていた「アンダー・ザ・シー」というショーや、かっこいいキャプテンデイヴィスのむちゃくちゃなフライトに同乗させられる「ストームライダー」などといったアトラクションはファストパスを導入していた大きなアトラクションだったので、リニューアル時には動揺を隠すことができませんでした。

動揺といえば、レジェンド・オブ・ミシカの終了も多くのゲストに衝撃を与えたことと言えるでしょう。ポルトパラディーゾウォーターカーニバルが終わってからロングランだったこのショーの終了は本当に多くの人が悲しみました。

個人的にはミスティックリズムの終了もそれに匹敵するだけの悲しさでした。東京ディズニーシーオープン当時から続いていたこのショーはキャラクターなしで、15年近く続けるという奇跡といってもよいショーでした。本当に本当に残念に思います。......がパークはドンドン進化していくのでそれはそれとして今は受け入れています(笑)

15周年~今・そしてこれから

15周年になると皆さんの記憶にも新しいかもしれませんね!ザ・イヤー・オブ・ウィッシュと題されたこの年はクリスタルに願いを込めていたような気がします(笑)

実はこの年も熊本地震の年にぶつかっていて、東京ディズニーシーは本当に苦難の道を歩んでいるんだなぁと個人的に感じていました。

ステップトゥシャインという新しいショーがドックサイドステージではじまったのもつい最近のことですね!これについてはきっとまだ観れていない人もいるので話はここまでにしておきますねww

ニモ&フレンズシーライダーが新しくできたり、今後はソアリンというアトラクションが導入予定だったりと、まだまだ進化が終わることのない東京ディズニーシーですが、パークは永遠に完成しないという言葉の通り、いつまでも私たちの好奇心を揺さぶるような楽しさを提供してくれるような成長を遂げていくでしょう。

まとめ

さて、今回は私の記憶の中にある思い出を掘り起こしてみたわけですが、皆さんの記憶にあるものはありましたか?

きっと皆さんには皆さんの思い出があると思います。東京ディズニーシーには、そんな思い出が数えきれないほど詰まっています。

そしてそんな思い出はこれからもドンドン増えていくことでしょう。こうして今日、思い出の地「東京ディズニーシー」がまた一つ年を取れたのも皆さんの思い出があってこそだと思います。

これからも東京ディズニーシーがいろんな人の大切な思い出が刻まれる地として続いていくことを心から願っています。

The following two tabs change content below.

アリイズミ

職業:大学生(4年生)

趣味:テニス,ドライブ,旅行,ディズニー

座右の銘:「人生にドラマを」,「過去を糧に、未来を夢見て、今にときめけ」,「童心忘るべからず」


連絡先:ariizumi@routecompass.net

Twitter:@compassariizumi

スポンサーリンク







シェアする

フォローする