2018/04/01 ブログのテーマをcocoonに変更しました。
スポンサーリンク

国内B級ライセンスを取ろう

スポンサーリンク

車好きの皆さん、こんにちは!

 

今回は国内B級ライセンスを取るまでの流れを
紹介しますよ~!!

 

いろんなプロ・アマドライバーが

ライセンス取得に関する様々な記事を書いていますが、

この記事は、ド素人が実際に国内B級ライセンスを

取るという内容の記事になっているので、

「何もわからないけどモータースポーツに

興味・関心があるんだ!!!」という方は必見です!

 

 

 

そもそもライセンスとは

一般的に言う自動車競技のライセンスは、

モータースポーツ、とりわけ四輪自動車の競技に参加をするための

資格を指す場合が多い。(ちなみに二輪自動車競技のライセンスもあるらしい)

 

そして、国内ライセンスという名の通り、基本的には国内の

四輪自動車競技にのみ参加できる資格である。

また、Aライセンスと異なり、Bライセンスの場合、

レースという他の自動車と競い合う競技への参戦はできない。

 

ちなみに参戦できる競技は以下の通りである。

・ラリー

・ジムカーナ

・サーキットトライアル

・ダートトライアル

 

近年ではこれ以外にも、オートテストという

カテゴリが生まれ、Bライセンスを持っていなくても

参戦できるものもあるので、是非、参戦していただきたい!

 

 

 

講習予約

「ライセンスを取るって、競技に出るためのものだから

自動車運転免許を取得するよりも、とってもとっても難しそう」

……と思う方もいるかもしれませんが、

国内B級ライセンスに限っては免許よりも何十倍、何百倍も簡単です!!

 

なぜなら、何も試験やテストがないからです!

公認の講習を一回受ければそれだけでいいのです。簡単でしょ?

 

本当に簡単なので、とりあえずJAFの公式サイトから

講習会実施スケジュールの一覧をチェックして、

都合のいい日の講習を予約してしまいましょう!!

 

JAFご当地情報
JAFご当地情報

 

 

 

講習

予約ができたら講習へ!

 

ちなみに私は「チームクレバーレーシング」さんの実施していた

講習会に参加し、講習代/教材代/ライセンス発行手数料など込みで、

¥10,000で済みました!(ちなみにもうちょっと高いところもあります)

 

練馬の公民館のようなところで畳の部屋で女性の方と私の2人で受講したので、

結構、厚みのある講習を受けることができました。

 

また、チームクレバーレーシングさんオリジナルの競技講習(座学)も

別途(別料金)で用意されていて、基本的に、Bライセンスの講習では

走り方や車のメンテナンスなどの話にはあまり触れないので、

こうした+αな講習があると、私のような素人にとっては

とてもありがたいです!!!

 

 

 

ライセンス郵送

そうこうしているうちに講習も受け終え、

数日経つと、まずは仮ライセンス(紙切れww)が郵送されてきます。

 

 

そのまた後日にカードタイプのライセンスが発行されるのに、

なぜ、仮ライセンスが発行されるかというと、

講習を受けた時点で、競技への参加権が本来はあるということで、

講習を受けてすぐに参戦したいという人のためにも、

よりはやく発行のできる紙媒体の仮ライセンスがあるそうです。

 

 

私はまだ参戦できていないのですが、

せっかくお金をかけてライセンスを取っているわけなので、

ライセンスを取得した熱が冷めないうちに

競技に参戦してみることをおすすめします!!

 

ちなみに競技にはヘルメットやレーシンググローブ、

その他にも自動車運転免許なども必要になるとのことなので、

準備を忘れないように!!

 

 

 

まとめ

まぁ、今回の記事で伝えたかったのは、

「国内B級ライセンスを取るのは(免許保有者なら)誰でもできます!」

……ということです。

 

少しでも自動車競技に興味のある方、

なんとなくかっこよさそうだから取ってみるかという方、

運転技術をあげられる競技に出たいからという方、

どんな理由であれ、ライセンスを取ってしまえば、みんな有資格者です。

 

あなたの人生にちょっとしたアクセントとして

国内B級ライセンスを取ってみてはいかがでしょうか?

 

 

The following two tabs change content below.

アリイズミ

コメント