スポンサーリンク

2019年・夏 アリイズミの今

スポンサーリンク

今日はアリイズミの最近について書きます。興味があったら読んでみてください。

 

先月は、岩手に行ったり、旧友と未来について語ったり、江の島行ったり、エアコンを買ったり……いろんなことがありました。そういえば、山梨の芸能人にも会って、結構いろいろお話を聞きました。貴重な体験でした。あ、あと友人のご親戚が参議院議員になったのも先月でした。

 

なんやかんやで充実しているように見えますが、率直な感想を言うと、虚無感と焦燥感が交互に襲ってくる1ヵ月でした。

 

将来を夢見ている時間はとても楽しいです。これを世間では妄想癖と言うらしいですが、なんと言われようと完全に自分の世界なので、楽しいです。しかし、その将来に向けて、今の自分は何をしているのか、考えるとめちゃくちゃ焦ります。将来から逆算して今すべきことをしないと、と常々考えます。

 

それでもなお、今の生活をただただ続けている自分に呆れ、虚しさばかりが心の大部分を占めています。友人の親戚が一歩踏み出したが如く、今を打開する一歩を自分も踏み出したい。ただ、その方は何年も、自分の道を究めてきて、得るものを得て議員という新たなステップに踏み出しています。社会人2年目で何も身についていない私が踏み出す一歩とはまた意味合いが変わってくるようにも思います。

 

それでも思うのです。山梨の芸能人の方は私と年齢は1つしか変わらない中、やりたいと思うことに積極的に挑み、いろんな体験を若いうちから積んでいます。何かをやり切ることも大事かもしれないが、できることをできるうちにしておくのもまた大事だと思うのです。できるタイミングでしなかったことで後悔した過去がやまほどあるから、なおさら強く思います。

 

私は優柔不断です。優柔不断な人が陥りがちなのが、現状維持をすることと何かを変えることの2択で悩んだとき、今に不満がなければとりあえず今を変えようとしないのです。(あくまで傾向ですが)それをわかっていても今を変えようとしない自分は、どうして存在するのか。きっと一人で生きている訳ではないからだと思います。

 

職場に行けば仲間がいて、家に帰れば彼女がいて、居酒屋にいけば友人がいて、山梨に帰れば親がいて、どこに行っても私の周りには誰かがいます。それはとってもありがたくって、とても自分を苦しめている。でもそれは、周りの人が私を苦しめているのではなく、自分で勝手に苦しんでしまっているだけ。

 

自分が苦しい時、それを助けてくれるのもいつも周りの誰かです。私は今まで、自分一人で苦しみから這い上がったことはありません。周りの誰かの助けがあって、周りの人と協働してなんとか生きてきました。

 

だとすれば、今、悩んでいることをみんなに相談すれば良い、ということなんだと思います。こうして、誰かに自分をアウトプットして、誰かと語らい、活路を見出す。今まで通りにやれば良いんだ。

 

……というわけで、2019年下半期は、人と話そうキャンペーンを勝手に実施します(笑) お時間のある方は是非アリイズミを捕まえて、お話してくださいね!

 

心にあることを言葉にするだけで少しすっきりした気分になれる。最後まで読んでいただいてありがとうございました!アリイズミは、それだけで救われます。

The following two tabs change content below.

アリイズミ

コメント