2018/04/01 ブログのテーマをcocoonに変更しました。
スポンサーリンク

2018.イタリア旅行⑪-バチカン編-

スポンサーリンク

ciao!

イタリア旅行記11回目、はっじまっるよー。

 

さて、前回までのお散歩。

2018.イタリア旅行記⑩-パンテオン編-
ciao! イタリア旅行記第10回はじまるよ。 さて、前回までのお散歩は。 地図を見ないでローマの夜をお散歩、 右も左も分からないまま、 ふらふらっとトレビの泉へ。 へぇ、へぇと頷く暇もなくゴールのバチカンを目指...

トレビの泉を出発したのち、迷いつつもパンテオンに向かうのであった。
そろそろバチカンへ向かわないと……。

 

今回の目的地は、サンタンジェロ城の前を通ってバチカンへ向かうこと。
さあ、ゴールだ!

 

パンテオンを出発した僕は、とあるお店を目指します。
それは、La Tavernetta 48 というレストラン。
ランチで行きたいなと思っていたお店なので、下見を兼ねて歩いてみます。

 

ちなみにこんなお店。
路地裏にひっそりとあるお店なので、夜に行くと少しだけ道が暗いかなと感じます。
暗さで写真も撮り難く、人通りの少ない路地……そんな寄り道をしたら急いでサンタンジェロ城へ!

 

サンタンジェロ城へは、カブール橋方面からテヴェレ川沿いを歩きます。

こんな路地を通り、見ながらの散歩は楽しいですね。
街灯りがオレンジ色なのが本当に綺麗。

ひたすらテヴェレ川沿いを歩き続けて……

やってきました。
手前のサンタンジェロ橋には、10人の天使たち。
そして、吸い込まれるような橋の先、サンタンジェロ城の上にそびえるミカエル。
ライトアップされていてカッコいいです。

 

さて、橋に並ぶ天使たちは、それぞれキリストに関するものを手に持っています。
この辺の話は、また後日サンタンジェロ城に来るときにでも。

 

橋からテヴェレ川を覗き込んだ図。右奥がバチカン方面。
サンタンジェロ城とテヴェレ川というと『トスカ』のラストを思い浮かべます。
トスカ自体は見たことはないのですが。笑

ここまで近付いてみるとお城というよりも、要塞のような佇まい。
遠くから見たのとでは、迫力が違いますね。
ここから左へ向かうと、バチカン方面です。天使に見送られながら、サン・ピエトロ大聖堂への巡礼ル―トを辿ってみます。

 

道なりに進むと、すうっと大聖堂まで真っすぐ伸びる道に出ます。
大聖堂と道のりの荘厳な雰囲気と車というミスマッチ感がたまらないですね。SFっぽいっていうかなんていうか、不思議な感じ。
そんな、道を真っすぐ歩いていくと……。

着いた!夕方から始まったお散歩も、気づけば夜に。
辺りは暗くなり、地面に反射する灯りと人の少なくなった広場が、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。さっきまでのローマの道とは違い、白っぽい灯りに溢れています。

 

広場右の噴水から眺める、大聖堂の上に並ぶ使徒。
マイナスイオンを感じますね(適当)

 

ささっと駆け足気味で見てきましたが、二日目のお散歩はここでお終い。

路地裏ばかり歩いていたからかな? 夜のローマは人が少なく、落ち着いた雰囲気でした。ただ、灯りが少ないところ、細い道に壁のように立ち並ぶ建物など、暗く閉鎖的な感じの部分もあり、道を知らずに夜一人で歩くには勇気がいるかなと。笑

 

次回からは三日目。フィレンツェの方へ少し遠出をします。
またローマから出るのかよというツッコミは無しでお願いします!

 

それでは、またね。

The following two tabs change content below.

スドー

こんにちは!

読書と料理が趣味、ゲームが生き甲斐の村人S。

コメント