シェアする

アウトプットの意義

シェアする

さぁこうしてブログの公開が始まったわけですが、やはり何事も目的を持って取り組まないとその行為の有意義性や効率は下がってしまいます。このブログをはじめた理由(=私の野望)については前回の記事(The beginning of my dream)で紹介しましたが、なぜ私はブログを通して思考や発見をアウトプットするのでしょうか?今回の記事ではアウトプットすることの意義について、私なりに考えていきたいと思います。

想像してみてください、、、あなたが放った言葉に共感し「よかった!」などという反応をもらった瞬間を...... きっと嬉しく思うのではないでしょうか?私もこうした反響を皆さんからいただけたら嬉しいだろうなぁ~などと想像しながら文章を書き進めています(笑)

しかし、こっちのパターンの場合はどうでしょうか?あなたが考えに考えてひねり出した言葉に対して「それはおかしい」「つまらない」などと批判をされたとします...... きっとあなたは嫌な気分になりますよね。きっと私だったら発言するのをやめてしまおうかな、などと考えるかもしれません。

では、なぜ、そのようなリスクを抱えてまで私はアウトプットしていくのでしょうか?さらに深く掘り下げていきたいと思います。

そもそも、なぜ人は発言するのでしょうか?本来ならここで権威ある方の情報を引用することで自分の意見に説得力を持たせるべき場面のような気がしますが、ここで紹介したいのは一般論ではなく、私の考えであり、それを受けて皆さん自身でアウトプットすることの意義を考えてほしいので、あえて引用はせず、"私が考える"人が発言する意味を記したいと思います。

人は、言語を持っています。言語という便利なツールを用いてコミュニケーションをとることで現在の社会を構築しました。人は言語を活用してコミュニケーションをとることで相互扶助を促したり争いごとを抑制したりして、種を滅ぼすことなく、大きな社会を構築したように思われます。

つまり、人が発言する意味(のひとつに)は社会を形成するということがあるでしょう。

たしかに発言の歴史の中には数多くの批判や否定があったかもしれません。しかし、そこで生まれた衝突によって、お互いがその発言についての是非や真偽について考える機会が生まれました。こうして、発言前にはいたらなかった思考を発言後に手に入れ、さらに思考をかさねることで人は成長し、社会は成熟してきたのだと私は推測します。

これはきっと、アウトプットする意義に置き換えて考えられるでしょう。Aさんが自分の考えや気づきを、Bさんにアウトプットしていくことで、ひとまずは、BさんがAさんの発言について思考するかもしれません。そして、Bさんがその思考をAさんにアウトプットしたなら、Aさんはさらに思考を重ねるでしょう。こうして、成熟した思考をさらに社会に対してアウトプットしていけば、さらに次元の高い思考を生みだし、その思考は人や社会をより成長させていくでしょう。

つまり、アウトプットの意義は人の思考を促進し、社会の成熟を促すことにあるという解釈ができます。

私がこうしてアウトプットすることも、自身の成長、読者の思考促進、ひいては社会の成熟につながるのではないかと考えています。私は、成熟した社会で、読者が様々なことについて思考を巡らせることで読者自身の人生を充実させるという、私の野望(詳しくは前回のアリイズミの記事[The beginning of my dream]を参照)を実現するべく、アウトプットをこれから続けていこうと思っています。

是非、私のアウトプットに対する皆さんの思考をコメントやTwitter( @CoMPasS_blog )などにどんどんアウトプットしてください。皆さんの批判や反対意見を受けて(たまには共感の声もいただけると嬉しいです(笑))、よりよい思考、よりよいブログ、よりよい社会を作っていきます!!

The following two tabs change content below.

アリイズミ

職業:大学生(4年生)

趣味:テニス,ドライブ,旅行,ディズニー

座右の銘:「人生にドラマを」,「過去を糧に、未来を夢見て、今にときめけ」,「童心忘るべからず」


連絡先:ariizumi@routecompass.net

Twitter:@compassariizumi

最新記事 by アリイズミ (全て見る)

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク