シェアする

[テスト環境]WordPressの環境をRaspberry Piで作る

シェアする

当サイトを立ち上げてしばらく経ちました。

これまでに何度もサイトでエラーが起こりました......

しかし、僕はデバックしたくてもデバックが出来る環境を持っていなかったのです!!

やはりサイトを運営していくにあたって沢山のエラーと向き合わなければいけなかったり、変更するにももう一つお試し用のサーバーが欲しいところ

なので今回は自宅に転がっていたRaspberry pi 2をサーバーにしたいと思います!!

なければ作ればいいじゃない精神です♪

スポンサーリンク




初めに Raspberry piの環境

今回は僕が行った作成手順を紹介していきます。環境によっては同じように行かない可能性があります。

OSのインストール

Ubuntu Mate 16.04.2 LTS Raspberry pi 2 をダウンロード

Download Ubuntu MATE

ダウンロードしてきたUbuntu MateをmicroSDカードにインストール

初期設定

まずはいつもの呪文

  • sudo apt update
  • sudo apt upgrade

こちらの記事を参考にsdカードのパーテーション拡張

dfコマンドを実行したら51%使用済みになっていたので調べてみたところ、デフォルトだと2GBに設定されてしまうらしいのでSD容量の最大値まで使うように設定を変更しました。 df -h # 実行結果 Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on /dev/root

WordPressのための設定

今回はこちらを参考にさせて頂きました。

## さくらVPSのセットアップ 1Gプラン(メモリ1GB、CPU 仮想2コア、SSD 30GB)で契約。 Ubuntu 16.04のインストール方法は、公式に(

お世話になりました。とてもわかりやすかったです。

作業自体は一時間かからない位で終わり、何も問題なく終わりました。

ネットワーク関係

僕と同じように設定した場合、ローカルネットワークからしかサーバーにアクセス出来ません。

ローカルネットワークだけで充分な場合は飛ばして大丈夫です。

グローバルIPで接続する為にルーター側で設定しました。

こちらの記事を参考にさせて頂きました。

はじめに - 前回、赤外線カメラモジュールを繋げて「mjpg-streamer」を使い、家内のネットワークのブラウザから動画を見れる様にしました。 (

行った作業は

  • IPの固定
  • ポート転送の設定

の二点です。

WordPressの設定

ネットワークの設定をしたら次にWordPressの設定です。

検索エンジンがサイトをインデックスしないようにするにチェックがあるか確認

設定→表示設定から確認します。

チェックがない場合はチェックします。デバック用のサイトなので、インデックスする必要がありません。

サイトアドレスの変更とか

ローカルIPからグローバルIPに変えます。これで家以外からもアクセス出来るようになります。

設定→一般からWordPressアドレスとサイトアドレスをグローバルIPに変更します。

サイトアドレスをグローバルIPにすると、家のルーターからだと接続ができません。ご注意下さい。

サーバーのコピー

お家のラズパイとこのサイトを同じ環境にしたかったのでプラグインを使用してコピー作業を行いました。

こちらは中々手強かったので、次の記事で書きたいと思います。

書きました。(2017/4/12)

【Duplicator】【All-in-One WP Migration】どっちがいい?
サーバーのコピー出来るプラグインはAll in One Wp MigrationとDuplicatorがありますが、どっちがいいのでしょうか? 僕は2つのプラグインを試してみたので、どっちがおススメってか、プラグインの短所を紹介していこうと思います。

感想

サーバーのコピー以外は何も問題なく出来ました!!参考にさせて頂いたサイト様には感謝です。

これからサイトのテストはラズパイちゃんがやってくれます。

ようやくデバックできるよ〜〜やったよ〜

The following two tabs change content below.

オーカワ

ロボット勉強中の大学4年生!!いつもはTwitterにいるよ。フォローちてね♪
詳しいプロフィールは こちらから
スポンサーリンク







シェアする

フォローする