準中型の免許とは? 2017年3月12日~

さて、今年の3/12から『準中型運転免許制度』が施行されました。

非常にややこしいですが、背景を知ると「よく考えられた制度だなぁ。」と実感します。

おそらく皆さんが気になるのは「今持ってる免許。なにか変わるの?」ということでしょう。

ご安心ください!

乗れる種類や大きさなど、何も変わらないです!!

これ、結構勘違いしがちなのでお気をつけてください。3月12日以前に取られた免許には影響を及ぼさないようになっています。

ただし、免許更新の際に

こんなふうに、準中型(5t限定)という分類になります。

影響するのは、そう、あなたです。

これから普通・中型を取ろうとしてたあなた!!

さぁ大変だ。取ろうと思ってたら制度が変わってたなんて!!

では今回は、過去からの免許制度の変遷を見ながら、どのように変わったのかを見てみましょう。

※今回、免許の変遷を見ていくに当たって、「車両総重量」のみに着目しますのでご了承ください。(車両総重量=車両重量+(最大乗車人数*55㎏)+最大積載量)

今回参考にさせていただいたサイト等

運転免許の歴史

運転免許は現在、大型/中型/準中型/普通、AT/MT、第一種/第二種、その他原付や特殊車両、牽引免許など多様になってきました。

さて、なぜこのように多様化する必要があったのか。それはもちろん『交通安全のため』に他なりません。

かなり昔まで遡ると、(特殊車両や二輪を除く)運転免許は、現在の言うところの『普通免許』のみでした。

「えっ?つまり大型車とかトラックはなかったの?」

はい、残念ながら違います。簡単に言うと大型だの中型だの、そんな分類は全くなかった、ということなんです。『普通免許のみで大型トラックまで運転できた時代があった』ということになり、トラックの心得がなくても運転できたわけですね。怖いですねぇ。

さて、普通免許が初めて制限され、分岐をしたのが『大型免許』です。どんな感じでしょうね。

大型免許

昭和31年に新設された運転免許。これと同時に第二種免許が制定されました。

これ以前に普通免許を持っていた人たちは『現在の普通免許とほぼ変わらない講習内容で大型車を運転していた』ということになります。

普通免許と大型免許の車両総重量の線引きは8t。つまり8tを超える車を運転するには大型免許を持っている必要があります。制定された当初は18歳以上であれば誰でも受験資格がありました。

昭和37年には大型免許の中に、特定大型車の区分が増えました(よく特大車と略されますね)。こちらは車両総重量11t以上が対象。大型免許保有者の中で『21歳以上で免許の所有期間が2年以上』という条件が付きました。

さらに相次ぐ大型トラックの事故により、昭和42年に大型免許の取得条件が『20歳以上かつ他免許の所有が2年以上』に変更。これに伴い特定大型車も『21歳以上かつ所有期間3年以上』という変更。

つまりこんな感じです。

この時点では、18歳になったばかりの人は8tまでの普通免許を取ることができましたね。

中型免許

平成19年に中型免許が制定されました。範囲は5t~11t。これ以前の大型車の区分と条件に近い様子。(受験資格は20歳以上かつ2年以上の他免許所持)

それに伴い、特定大型車の区分だった11t以上の乗り物が大型免許の範囲に。条件も特大車のものを引き継ぐ形になりました。

そして中型免許ができる前に普通免許を取得した者は『中型(8t限定)』と言う条件付きの中型免許となりました。

つまりこんな感じに。

ここから18歳の人は5tまでの普通免許を取得するのが限界になったわけですね。

僕もこの頃に取得しました。

そして、準中型免許

さて、今回の本題、準中型免許が平成29年3月12日に施行されました。

まずはざっくり説明します。準中型免許の運転できる車両総重量の範囲は7.5tまで。そして何よりも取得条件!『18歳から免許の所持期間に関わらず取得資格がある』という物なんです!普通免許と同じ条件でとれるわけなんです!すごいですよね!!?

変遷を辿るとこんな感じになったわけですね。ずいぶんと変わったなぁ。

……それって結局何がすごいの?ですって?

はい。順を追って説明しましょう。今まで高校卒業時(18歳)で取れる免許は、5tまでの普通免許しかなかったのです。普通免許では積載量2tの箱型トラックが限界なんです。

しかしこのネット社会。Amazonや楽天など、ネットショッピングやネットオークションで物を買う人が増えているこの時代。宅配業者がとっても困っている!!

中型免許を持っている人を採用できればいいのですが、高校卒業したばかりの新入社員に持たせるには、採用してから2年待って教習行かせて……あぁ!もうじれったい!!人手不足だ!!

そこで、テレレレッテレー、「準中型免許ー(ダミ声)。」あ、国民的青いネコタヌキの真似です。

18歳からとれるし、7.5tまでなら乗れちゃうなんて!!しかもきっと教習所でトラックまで運転させてもらえるんでしょう!すごいね!!(教習所は実際に体験したわけではないのでわかりません。ご了承ください。)

デメリットも……

僕の辞書に「メリット有ればデメリット有り」なるものがあるので、デメリットの方も説明させていただきましょう。

まぁそこまでデメリットというものでもありませんが、普通免許の区分が3.5tまでになってしまいますので、これから普通免許を取る人は『引っ越しなどの際使う車が限られる』という状況は発生してしまいます。安全のためでもあります。仕方ない!

まとめ

車は便利であるものの、危険も伴い、さらに日常的に違法・違反な行動が行われているものでもあります。

自分が持っている免許が乗れる範囲を改めて確認しましょう。「知らなかった!」でも無免許運転になりますよ。

ちなみに上の免許の条件は僕のです。ATで眼鏡が必要で5t限定。制限されまくってますが、問題なくレンタカーショップでバイトさせていただいてます。

たまにお客様の車を預かる時にMT車が来ると、「あ、運転できない車来たわ。」ってなりますが……。もちろん運転してないのでご安心を。

車をもっと楽しく安全に。

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。

言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。

連絡先:osada@routecompass.net