季節毎に味噌を変えるのが味噌汁の味噌だったり♪

こんにちは!お久しぶりです。お元気ですか?僕は、絶賛六月病です。

さて、今回はタイトル通り、味噌汁を作るよーっていうだけの内容です。
僕の頭には、味噌がそんなに詰まってないので知的な内容を求めてはいけません。何てったって味噌汁。そう、味噌汁を作るだけの日記なのですから。

本題の前に、前回の料理企画の記事を読んでくれた方はいるのでしょうか?
至って普通の記事なんですけどね(笑)

[料理企画]三日目。料理は魔術。
プロローグ 料理は科学。 そんな言葉をよく聞きますね。 ...

自分でも酷い記事だなと……
そして、
反省を小さじ一杯。
懺悔を適量。
謝罪を少々。
これが、謝るときのレシピです。とても簡単。

それでは、本編です。

味噌汁って?

これは簡単。ミソスープです。味噌を使った汁です。

他にも味噌汁は、御御御付なんて呼ばれますよね。僕は結構この言葉の響きが好きなんですよ。
御神酒や御御籤、御神輿に御御足なんかもそうですね。日本語って面白いなと感じる瞬間です。

味噌

さてさて、味噌汁では、なんと言っても味噌がポイントになりますね。出汁や具材なんかも大切ですが、やっぱり味噌がミソです。

家庭の味が色濃く表れる味噌汁ですが、今回は家庭の味は気にしませんよ。

皆さんは、季節によって味噌を変えて味噌汁を作りますか?僕は、時々します。そう、時々。そんなに味噌汁を作らないんですよね。
では、何を変えるのか。
簡単に言うと、暑い夏は塩分が多い赤味噌を、寒い冬には甘い白味噌を使ったりします。季節を感じながら、飽きずに味噌汁を楽しむ方法の一つですね!
白でも塩味の強い信州味噌や、赤でも甘い八丁味噌がありますけどね……

それでは、作ろう!おー!

調理

では、始めます。

僕の味噌汁の作り方は……

  1. まずは出汁をとります。
  2. 具材に火を通します。
  3. 味噌の出番です。

そう、これだけ。たったこれだけ。
ちなみに、今回の具材はネギと豆腐だけです。
シンプル・イズ・ベスト。
手抜き・では・無い。

それでは、主役の登場です。
こちらが、赤味噌と白味噌です。

なんか、餡子見たいですよね。因みに僕は、漉し餡派です!美味しいよね、漉し餡。
そして、餡子と餃子って漢字が似てるなと書いていて思いました。餃子にも餡が入ってるので殆ど一緒かもしれない。

話が逸れましたが、今回はこの二つを混ぜて作りました。
比率的には、赤:白=4:1これくらいですかね。まだ、梅雨の時期で寒い日があるので白味噌を気持ち多めにしてみました。こういう量なんかを考えてる時が楽しいですよね、ポーションを調合してるみたいです。回復量少な目かな。

味噌汁のポイントは、味噌を入れてからは沸騰させないということ。十分気を付けましょう!

それでは完成です。

簡単に作った味噌汁です。
その割には、良い感じにできましたね!

なんか、写真で撮ると普通の味噌汁となにも変わらないように見えますね……残念。
実際は、もう少し赤みのある感じになっています。
味は……もう少し赤味噌を多くしても良かったのかな?

でも美味しかったですよ!

まとめ

今回は、6月ということで白味噌を多くしましたが、夏本番になったら赤味噌だけで味噌汁を作るのも良いですね。その日が来るのが楽しみです。皆さんも身近なもので季節を感じてみてはいかがでしょうか?

味噌を合わせて、
好みの比率を見つけてみてくださいね(*'ω'*)

The following two tabs change content below.

スドー

こんにちは!

読書と料理が趣味、ゲームが生き甲斐の村人S。