僕の自由研究~拡張棚を作ってみた~

僕の家はワンルームで、キッチンとリビング側を仕切る形でベッドを置いています。わかりにくいと思いますが、「ベッドが料理を作りながら座れる位置にある。」ということだけ把握してください。変ですよね、よく言われます。

そのため、キッチン用のワゴンがベッドの横にあるんです。そしてその辺りにスマホの充電器やスピーカーを置いています。その結果、すごいごちゃごちゃしてるんです。こんな感じ。

右側ベッド、左側ワゴンですね。間にはお米を置いています。

理想では、ベッドのすぐ横に置くスペースが欲しいけど、ワゴンを寄せると圧迫感が……。

ということで、建築を学ぶものとして!!棚を拡張してやろうと!!思ったわけです!!

思考を巡らす……

物を作る際、対象をよく見て、条件を達成することは大事ですので、色々考えました。

そもそもどうやって棚を支えるかを考えると……。

・板をベッドとワゴンの間に橋のように架ける案→高さのズレもあるし、模様替えをした時に困るから却下
・板をワゴン側に長く取って、鍋の重みで浮かす案→鍋使うと倒れるから却下
・板をワゴンの柱の部分にはめ込み噛ませる案→現実的であるので採用

さぁ案が決まりました。必要なものを考えます。

・はめ込みを作るためには板を削る必要がある→ノミのようなもの
・ノミを打ち込むものも必要→玄翁(金槌)
・削った部分で怪我したら困る紙やすり

さぁさぁ必要なものが固まってきました。次は板のサイズを決めなければ。

丁寧に寸法を取ります。

噛ませたところが弱いと壊れてしまうので余分にサイズを確保することを考え……寸法が確定します。

30㎝(横・ワゴン⇔ベッド方向)*34cm(縦・奥行方向)に決まりました。

さぁ買い出しだ!!

作成開始

買ってきた物

玄翁(金槌)、ノミ、ベニヤ板(30㎝*60㎝をお店で「30cm*34cm」と「30cm*26cm」で切断してもらいました。)、紙やすり。

作成手順

まずははめ込み部分の寸法を取得。

ちょっと見にくいですが板に書き込みました。細かい寸法はこんな感じです。

字が汚いとか言わないのっ♪

さて削っていきますが……

いやなんか普通に難しいです。ベニヤ板(合板)なので、繊維方向に割れる割れる。

ま、まぁ紙やすりで削りますし……うんうん……。

とりあえず削り切ります。

おー。なんかいい感じになったんじゃないですか?うまく削らないとはめ込みがガタガタになりますからね。

さぁ微調整をするために、ハメてみよう!!ドキドキ……

ドキドキドキ……???

はい。ハマりません。ふざけるな。

いやそりゃたしかに奥行分は長めに取ったけど、ここまでとは……。どうしようこれ……。

どうやらはめ込みの部分を合計1.5cm削れば入りそう……。やるか……。

ということで。ドンッ!!!

片側1cmずつ削りました。普通に大変だった……。

削ったけど、このくらいなら許容範囲かな。ちゃんと噛んでるし壊れたりはしないでしょう。

ガムテープに関しては、あれです。やすりがめんどくさかったからガムテープ挟んだ方がガッチリかみ合うからです!!!

あとは安いものとはいえ、家具が傷つくのはいやですよねぇ。

完成した様子

こんな感じになりました!!

モバイルバッテリーや3DS、スピーカーまでもがこの上に乗っています!便利ですね!!

いやはややっぱり、物を作るのは楽しいなぁ。

おまけ

余ったベニヤ板(30cm*26cm)でも物を作ってみました。余すところなく使うエコ製作者ですね。

何を作るかと言いますと……

はい。ここです。拡張棚の下に収納しているお米

ここに板がピッタリ入るんですよ!!これに関しては完全に偶然です!!

ここにキャスターをつけて引き出し型にしようと思いました。

買ってきたもの&作成手順

追加購入は、回らない(車輪の方向が変わらない)キャスター×4つ、ネジ。たったこれだけ。

拡張棚を作る際に『ノミの受け役となった』板であるため、多少傷が目立ちます。まぁいいでしょう。

手順はこうです!!

キャスターを付けます。ドンッ!!!!

はい。完成です。ご清聴ありがとうございました。

感想

今回、自分の思い付きで『拡張棚&引き出し棚』を作って、考えさえ巡らせれば自力で色々できるものだなぁ、と感じました。

あと、ベニヤ板はせめてノコギリで切る物みたいですね。ほんとにノミは難しかった。

めっちゃ割れるんですよあれ。ヒヤヒヤしました。

個人的に、一年以上前から家の下駄箱を作ろうとしているのですが、如何せんお金がかかりすぎるので、取り組めていません。

なんせ240cm*30cmの木材を利用する下駄箱ですから……。(一般的なホームセンターでは180㎝が最長)

もし実現できたらまた載せてみます。ちなみに超大作です、あの下駄箱。お楽しみに。

The following two tabs change content below.

オサダ

様々なジャンルの記事を書いていきます。
興味がないのに読んでしまう。そんな記事を目指して。

言葉を介してあなたのもとに。言葉がなくともあなたと共に。

連絡先:osada@routecompass.net