シェアする

車の運転

シェアする

あなたは車を運転しますか?ドライブやレース、ちょっとそこまで。……車の運転には様々なスタイルがあってそれぞれのスタイルに違った楽しみがあると思います!今回は車好きな方や車の運転が好きな方、車や運転に憧れを持っている人などに向けて、運転の楽しみ方のひとつを伝授していきたいと思います。

スポンサーリンク




レーサーへの憧れ

私は小さいころからレーサーに憧れていました。しかし、一流のレーサーになるには幼いころからカートなどに慣れておくことが必要だという声をよくお聞きします。お金のない家庭に生まれ、趣味も複数持っていた私が車にだけお金を費やすようなことはできず、もう21歳になってしまいました。

私と同じようにレーサーに興味があっても、お金のかかるモータースポーツになかなか手を出せないという人はたくさんいると思います。私と同じ悩みを抱える人に紹介しておきたいのがこちらです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

JAFの国内B級ライセンスは数千円(これですら貧乏学生にとっては痛手ですがww)を用意して、講習を受けに行くだけで、素人ドライバーでも参加できる国内のレース案内が複数くるようになるそうです!!(自分自身も今後取得する予定なので、正確な詳細情報は今後アップしていく予定です。)

まずは、取得に大きな費用がかかる免許を取得しないといけないという関門がありますが、この関門を抜けてさえしまえば、お金がなくても、レース経験がなくても、レースの世界をより身近に感じられるようになります。そのうえで、自身が参加できるようなレースがあればそこに参加して、レーサーになりたいという夢を叶えることができるかもしれません。

ドライブを楽しく

車の運転が好きだけど、レースに出たいわけではないという方や、レースなどにお金や時間はさけないという方もたくさんいると思います。実際に、現段階の私はこの部類(後者)の人間です。しかし、車を使って実家に帰省したり、車でドライブに出かけたりするというのは、レースに比べて非常に手軽にできます。ここでは、ドライブの時の運転の楽しみ方をお伝えしたいと思います。

ドライブはレースと違い、サーキットではなく公道を使用します。それゆえ、道路交通法に基づいた運転をしなくてはなりませんので、スピードを出しすぎたり、無理な追い越しに挑戦したりするということはできません。仮に、公道でレースの時のように運転をして、サーキットだったらただの自損で済むはずのちょっとした操作ミスも、公道だと一般市民の生命や夢を奪ってしまうような事故に繋がりかねません。公道では、決してレースの時のような運転をしてはいけません。

では、レーサーに憧れていた私がどのようにしてドライブを楽しんでいるのでしょうか?私はレーサーに求められる資質を問われるテクニックをドライブの中で追究するようにしています。今回はその中のひとつを紹介します。

「視野の広さ」

レーサーは目の前の道路状況に加えて、周囲の車の状況も確認して瞬時にそれを操作に反映します。高速道路などを走っているとよく見かけるのが、自分よりはやい車がピッタリと後ろにつけているにも関わらず、追い越し車線をそのまま走行している車です。「ふざけんなっっっっ!!!!」といつも私は思ってしまうのですが(笑)もし、そうしたドライバーが周辺の状況を察知できる広い視野を持っていたら後ろのはやい車に道を譲ることができます。レーサーが後続車に道を譲ることはまずありませんが、レーサーであれば後続車がどのようなポジションをとっているかはすぐに理解できることでしょう。

私はドライブの中でこうしたテクニックを常に意識し、何個も先の信号の状況をみて速度をあらかじめ落としたり、対向車線の車が右折をして自分の走行車線を横断しようとしているときには後続車の状況を瞬時に判断してパッシングなどで道を譲ったりするようにしています。たしかに、レーサーが体感しているスピード感のようなものはありませんが、歩行者や信号などといったサーキットにはない環境下においては、レーサーと同様に判断力が必要となる場面がたくさんあります。私はこの判断力を常に高く保てるように日々のドライブから気をつけています。そして、それが意外と楽しいです。

余談:配達のバイト

レーサーには判断力の他にも操作の正確さなどといった素質が求められます。これを磨くために私は配達のアルバイトをしていました。

配達のアルバイトではよりはやく正確に狭い駐車スペースに車を止める技術などが求められます。経験談なのですが、狭い空間で車を転回させたり、一発で狭いところに縦列駐車しないといけなかったりします。というのも、そこで何度も切り返したりしている時間的な余裕がないからです。

やり直しがきかない一発勝負の操作の正確性という点においてはレースと共通する部分があり、ある種のスリルを味わうことができます。(急いで操作して事故などを起こしてはいけませんよ!!!)オンラインショッピングの普及で配達業界はますます人が欲しくなってくるでしょう。そこで、レーサーのように運転の正確さを持っている人が来てくれたらさぞかし嬉しく思うことでしょう。車の運転の正確さを一発勝負で求められる配達のアルバイトは運転好き必見のアルバイトです!!!

まとめ

車の運転を楽しむ方法は今回の記事だけでは紹介しきれないほどたくさんあると思います。もし、私のようにレーサー志望でお金がないという同じ境遇の人がいて、今までは高速道路を180km/hで走っているような人がいたとするなら、私のようにレーサーに求められる資質を磨くという楽しみ方もありますよ!!……と、お伝えしたいです!

配達のアルバイトでお金を稼いで運転スキルもアップさせて、少し貯まったお金でライセンスを取得し、レースに参加して磨いた運転技術を披露する。……こんな形でレーサーになれたらいいなぁ~。という私の願望を語ったところで長々と続いた今回の記事は終わりです。どこかのサーキットでお会いしましょう!

The following two tabs change content below.

アリイズミ

職業:大学生(4年生)

趣味:テニス,ドライブ,旅行,ディズニー

座右の銘:「人生にドラマを」,「過去を糧に、未来を夢見て、今にときめけ」,「童心忘るべからず」


連絡先:ariizumi@routecompass.net

Twitter:@compassariizumi

スポンサーリンク







シェアする

フォローする